2016年05月02日

「椎名へきるマンスリーアコースティックライブ 〜毎月へきってやっちゃうぞ〜」(夜の部)に行ってきたんだぜ!

声優Premium[プレミアム] (綜合ムック) -
声優Premium[プレミアム] (綜合ムック) -

ほっちゃん脳からへきる脳に何とか気持ちを切り替えて、代官山へ。
今月もへきるトリオに会いに行ってきましたよ。
またしても立ち見だったが、へきるさんとケン坊はちゃんと見られる位置取りが出来た。
但しさいとうくんだけ“JAKE 01 SOUND ONLY”でしたがw

1.優しかった人
2.NEVER NEVER
3.REAL LOVE
4.Just my love
5.Chance!
6.Dive into you
7.Thousands of stars
8.恋
9.fly away
10.Let me sing with soul
11.No,No,No!
12.気づいて!
13.MOON LIGHT
14.Go Wake Up!!
15.Infinity

今まで都合7回かな、このアコースティックライブに参加してきたが、これほど自分好みの曲を並べられたことはかつて無かったかもしれない。
3〜7(4はかなり変化球なアレンジだったが)、9、10、14、15は黄金セトリ。
特にイントロで3と気付いた時の心境と来たら、
キタ――(゚∀゚)――!!
正にこの状態。
7なんかもそうだけど、へきるさんの歌い上げ響かせる感じの歌唱がたまらない。
欲を言えば最後2曲は客席参加無しで聴きたかった(14のサビ「Go Wake Up」の下りは除く)。
へきるさん側は嬉しいのだろうけれど、何も最初から最後まで歌わなくたっていいじゃないかw

MCは主に1の歌詞議論と明石昌夫さん話。
十数年前某氏に連れられてライブに行っていた頃、この歌詞には若干苛立ちを感じた記憶があるので、ケン坊派です。
しかし正直なところ恋愛云々や下ネタより何よりも、音楽の話が一番面白いんだよなあ。
へきるさんが11を書いていた時は、モトリークルーを聴きまくっていた時期で影響を受けていたとか。
マネージャー理解不能/明石さん即座に対応の、へきるさんの11のデモテープ是非聴いてみたい。

今回の最後の〆トークはやたら長かったなw
会場の「晴れたら空に豆まいて」が10周年を迎えているそうで、8月には畳の座敷席を前方に作りませんかと提案されたとのこと。
いつの間にかその話はオール座敷席の演者全員浴衣姿のライブへと変わり、そこでクッション作る気満々のスタッフ→色は何色がいい?→クッションカバーを売ろうと話はとめど無く続き……。
最後はへきるさん全SNS不要宣言。
あっけらかんとへきるさん「無くても生きていけるから」「何でも全部世界に発信する必要無いでしょ」
まあ確かに割とその辺りは同意見なのだが。

つい先ほど、訳あってツイッターのアカウントを作った自分なのであったw


posted by るい at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

「椎名へきるマンスリーアコースティックライブ 〜毎月へきってやっちゃうぞ〜 417の日」(夜の部)に行ってきたんだぜ!

1460886818263.jpg


春の嵐な417の日。
東横線が強風で運転見合せになっていたが、渋谷に着く頃には動き出していた。
まあ歩きで全然行ける距離ですが。

今回は整理番号130番台で、実は初めての立ち見。
毎回夜の部申し込みで落選知らずで座れるくらいだったから、前厄〜本厄な割に運がいいなとふと噛み締める。
立ち見だと結構、へきるさんの全身見られていいな(変態的な意味で)。
衣装、エロカワだったし。

以下セトリ。

1. 恋のレースクイーン
2. すごく楽しい空になるのに
3. 空想メトロ
4. ようこそハピネス
5. あなたがくれたもの
6. 空をあきらめない
7. ファンタジア
8. 君の強さ
9. だめよ!だめよ!だめよ!!
10. ずっと...
11. 何も出来なくて
12. RESET
13. invisible
14. 抱きしめて
15. 旅立ちの唄

アコースティックならではの伸びやかで熱い歌声と、手を変え品を変えのアレンジの妙を今回もたっぷり堪能してきた。
先月の312(ブログとしては書いていないが)と比べるとだいぶ分かり易い選曲だと思う。
初っ端から楽しい!
4などはこんな曲あったなあと言うレベルで懐かしいが。
7〜8もレア。
好物の曲だけに、このブロックはかなりテンション上がった。

6でJAKEがリコーダーを吹きだしたのにはびっくりした。
へきるさん発案の中華と言うかアジアンなアレンジ。
ラストのブロック12でへきるさん、まさかの歌い出しをとちる。
へきるさん「リセット!」
失敗したけど上手い。
最後、大楽氏が出てきてから12をリベンジする流れになって、客席からの声でJAKEがリコーダーでRESETのメロディを吹いたのは凄かった。

しかしマンスリーも最初の頃から緩かったが、より輪を掛けてユルい雰囲気になったなあw
大楽氏の話では9月(だったかな)まで続ける予定らしい。
毎月、お三方のライブを楽しめるのは嬉しいが。
やっぱり13とか聴いてしまうと、フルバンドの通常運転が恋しくなる。
posted by るい at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

「椎名へきるマンスリーライブスペシャル 〜毎月へきってやっちゃうぞ〜」&カウントダウンライブに行ってきたんだぜ!

1451552388580.jpg


一年振りの平常運転へきるライブ!
起きたら身体中バキバキになっていましたよ。
物販ではカレンダーとTシャツ、クリアファイル2種、ショルダーバッグを購入。
コミケ終わりの財布に、この物販のアイテム数はしんどいw
1回目は30番台の若い整理番号で、へきるさんとDOGのKENさんを至近で見られた。
でもってカウントダウンは最後方で跳びまくった。

そう、本当は1回目だけの参戦だったが、予想外の展開でカウントダウンにも参戦出来ることになった。
1回目の開演前、大楽氏がもう少し人を入れられると判断、急遽カウントダウンの当日券を販売することに。
終演後、希望者はその場に残り大楽氏とじゃんけん。
自分は例の如く一撃で沈んだのだが、某氏が勝ってくれたお蔭で連れとして便乗入場できた。
改めてありがとうございます、某氏。

超楽しかった。
アコースティックライブも良い。
へきるさん自身、今年一年を漢字一文字で表すと“進”とも言っていた。
だがしかし。
何だかんだで、いつものへきロックライブが一番だなと。
この楽しさには遠く遥か及びませんよ。

それにしても熱かった。
暑かった。
両方の意味で。
これまでのアコースティックライブは割と広々としたステージだったが、JAKE、ケン坊、DOGのKENさん+機材アンド機材でぎゅうぎゅう。
勿論客席もぎゅうぎゅう。
そしてこのセトリである。

1.抱きしめて
2.風が吹く丘
3.旅立ちの唄
〜MC〜
4.眠れる森
5.BESIDE YOU
〜MC〜
6.色褪せない瞬間
7.ガンバレ
8.One
9.ロックンロール・ラブレター
〜カウントダウン〜
10.Graduater
11.スタンバイ!
〜MC〜
12.Sadistic Pink
13.WONDER☆RIDER
14.電撃ジャップ

ずっとクライマックスである。
初っ端3曲でぼろ雑巾。
どのブロックもラストスパート、もしくはアンコール。
因みはアンコールは無しで、そのまま“うおんちゅー”で締め(1回目ではへきるさん、ガチで忘れていたw)。
約1時間半で少な目の曲数だが、これ以上やったら死んでしまいます。
でもご覧の通りの選曲なので、満足度100パー。
と言うか、もう動けないw

この濃密なセトリの中、意外性も含めて「Sadistic Pink」は本当に良かった。
帰り道、頭の中でこの曲ばかりがリフレインしていた。
この曲のへきるさんはめちゃくちゃ格好良かった。
振りと言い表情と言い、クールな色気で素敵だった。
1回目ではイントロで誰かがキーを間違っていたがw
ハプニングと言えばカウントダウンの方の「BESIDE YOU」で音響トラブル発生。
殆ど音が聴こえてこない状況の中、みんなで大合唱。
サビくらいは歌えるけれど、歌詞全部覚えている人、凄いな。

最後に。
今年はライブも何もかも未定だったが、ファンの「えー!」に大楽氏、折れるw
丁度土日と重なっている、へきるさんのお誕生日か417の日に何かあるかも。
予定を空けておこう!
posted by るい at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

椎名へきるマンスリーアコースティックライブ 〜毎月へきってやっちゃうぞ〜」(第4回目・夜公演)に行ってきたんだぜ!

1446397087265.jpg


へきるライブとは関係無いですが、せっかく東京に出てきたので秋葉原に寄ってきた(田舎者か)。
あとこれも関係無いが、Suica忘れると移動の困難さが半端無い……。
そんな訳で元々の予定では最終公演、へきるアコースティックライブ11月号に行ってきた。
今回は大楽氏が一晩寝かせたハヤシライスが販売されていた。
そして何故か、事情を話したはずの奥さんに少し食べられてしまい、朝に作り足したとのことw

以下セトリ。

1.真夏の夜のスキマ
2.BRAND NEW GAME
3.メモリーズ
4.君と見る景色
5.REVERSE
6.Reincarnation
7.Reborn 〜女は生まれ変わる〜
8.our story
9.Short Girl
10.長い夢
11.明日になれば
12.Eternal Circle
13.HEY!ハレルヤ
14.Endless Dreamer
15.Sunday Punch

ランティス曲に突入して一層、バラエティに富んだ感じに。
個人的には2と5〜7の通称三つのRが特に良かった。
イカすアレンジ、格好良過ぎる。
9は歌詞の中の女の子の体で台詞が差し込まれていた。
「気付けカス!」とかへきる星ネタなど遊びが入っていて愉しかった。
近年のシングルの中で一番好きな11を久々に聴けたのも嬉しいところ。

MCは見かけたハロウィン帰りの人のことや、いつにも増して専門的で抽象的な音楽の話。
10年の付き合いと積み重ねがあって、こうして初めてのアコースティックライブでもここまで聴かせてくれる、素敵なものが出来上がると言うことだけは理解しました。

今回の課題曲13。
この曲やったのツアー1回きり?
楽しいと同時にこのノリが何だか懐かしくも感じた。
CDを割とコンスタントに出してツアーの規模も広がったりもしたし、やっぱり一ファンとしてはランティスにいた頃の方が良かったなあと、自分は偶に思う。
そしてオーラス15。
もう何も言いますまいw

アルバム的には残り1枚となって、20年の振り返りも一先ずこれでゴールしたことになるのかな。
印象としては思ったより駆け足でランティス時代に入った気がする。
追加公演となる来月は冬を意識した選曲になるとは一応言っていたが、まだ白紙の状態に等しいっぽい。
何も決まっていないことを格好良く言おうとするへきるさんたちw
取り敢えず確定しているのは有料のクロークを設けると言うこと。
ライブ中に大楽氏が段取り付けた模様。

そしてカウントダウンライブ決定!
オールスタンディングで会場は代官山のこの同じハコ。
本当にイケるのか……そして当選して行けるのか……?
posted by るい at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

劇団岸野組 創立25周年記念公演第2れ弾「伝六捕物帖 KOI/KATAKI」(22日)を観てきたよ!【ネタバレありだよ】

1445516026185.jpg


おっさんには何だか眩しい街、下北沢は本多劇場。
劇団岸野組の椎名へきるゲスト回に行ってきた。
下北沢の劇場と言うイメージに反して結構大きなハコだった。
ロビーも広い。
そしてかないみかさん宛てのフラワースタンド、ヤバいw

時代劇の王道の仇討ち物に、幽霊が見える主人公と言うファンタジー入りの舞台。
テンポ良し展開早しでスッキリまとまっていて、何より時代劇ってことで、とても面白かった。
岸野幸正さん演じる伝六の、死んだ女房のおしの役のかないみかさんがめちゃめちゃ良かった。
あの声には勝てない。
いやはや素敵でした。
最後泣きが入る伝六に、思わず感情移入してしまうレベル。
凄く結婚したい、いや再婚したいw
最終的に伝六の神通力が無くなって、おしのとのお別れ展開とか内心恐怖していたが、そんなことは無く、二つの家族に焦点を当て続けたまま、ハッピーエンドで明るく終わって良かった。

一昨年もへきるゲストで観に行ったのだが、今回はその時よりもテンポと言う面でより楽しめた感じがする。
そのへきるさんは今回は1公演だけの日替りゲストなので、所謂ギャグパート担当。
巫女さんスタイルで胡散臭い占い師の役をやっていた。
料金前払いのがめつい、へきるんるん姫先生。
若干キャラが定まっていなかったw
短い出番だったが、面白可愛かったです。
はけた後、岸野さんに昨年結婚したことをお祝いされていた。

カーテンコールでは応援に駆け付けた劇団創立メンバーの戸田恵子さんが登場。
岸野さんに花束をあげて思いの外、長い昔話w
岸野さんのお身体を心配していることは良く伝わりました。
posted by るい at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

椎名へきるマンスリーアコースティックライブ 〜毎月へきってやっちゃうぞ〜」(第3回目・昼公演)に行ってきたんだぜ!

「俺ガイル。続」のイベントの夜の部が当たったので、今月は昼公演に参戦。
せっかく仕事が忙しい時期を抜けたんだから、このダブルブッキングが無ければ両方応募したんだけれども。
今回の選曲は「PRECIOUS GARDEN」「Sadistic Pink」「10 Carat」から。
自分がへきるファンを離脱した時期なので、アルバムの曲を生で聴くのが初めてと言う意味で、密かに楽しみにしていた回だったりする。

整理番号は40番台とじりじり後ろに下がっているが、通路際でへきるさんをガン見できる位置をゲット。
今回は以前から大楽氏が作りたいと言っていた、カレーライスが販売されていた。
朝6時起きで作って、そして遅刻したらしいw

以下セトリ。

1.裸のプリンセスマーメイド
2.feel for you, beet for me
3.Always
4.あなたの知らない恋の果てに
5.Hello & Good-bye
6.Still
7.青い人魚
8.あなたがいるから
9.discovery
10.大切なページ
11.SNOW fall
12.RESET
13.ロックンロール・ラブレター
14.旅立ちの唄
15.スタンバイ!

何て素敵なセトリ。
前述した通りの理由から、個人的には実に聴き堪えのあるライブだった。
大好きな2、3、8を持ってきてくれるところなど、本当最高。
MCも余り頭に入ってこないくらい余韻に浸ってしまっていた。
最後辺りに参加したライブでシングルの4だけは聴いていたか。
あと1も復帰後初のカウントダウンライブで聴いた覚えがある。

因みに6・7はハロウィンコーナーと言う趣向で、ちょっとだけ扮装(ダイソーで買ってきたやつw)して、ホラーチックなアレンジで2曲を披露。
あと前日にへきるさんが思い付いたと言う、スリラーのあの振りをみんなでやったり。
10は歌詞の朗読から入る演出で今回のハイライト。
いつ聴いても本当に良い曲だよなあ……。好き過ぎる。

そして後半戦。
結局こうなる訳ですよw
9が終わった後のMCでアコースティックライブなのにアコースティックっぽくないアレンジ、ピアノを弾いている時に頭の中ではドラムが鳴っている、いつものライブっぽくなってしまう、それがへきるクオリティと言った話になった。
やっぱりへきるライブは最終的にそこに落ち着くのかと、妙に嬉しい思いで納得。
なのだが、さすがに13が来た時は笑った。
更にケン坊の「ボサノバでやってみる?」からの即興アレンジ。
サビでロックンロール・ラブレターって歌っているけれど、ロックンロールじゃないw

ラスト、「歳をとってもいつまでも」の入りが上手くいかなかったのが残念だったが、夜公演はそろったかな?
来月の後半戦が今から恐ろしいんだぜ。
posted by るい at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

「椎名へきるマンスリーアコースティックライブ 〜毎月へきってやっちゃうぞ〜」(第1回目・夜公演)に行ってきたんだぜ!

1438423234900.jpg


へきるマンスリーライブ一発目、行ってきた。
代官山は「晴れたら空に豆まいて」。
まあたぶんオサレな店名なのだろう……代官山だしw
私的なイベントも出来るキャパ200ほどの小さなライブハウス。
壁回りにもぐるりと席が設けられていて、後方には何とお座敷も(割と早くから埋まっていた)。

整理番号20番後半で、3列目をキープ出来た。
ドリンク代600円(ワンコインじゃないので注意)で、ジョッキで生が飲めるのが嬉しい。
ステージ上には大楽氏がいて、ちょっとした案内役をやっていた。
スタッフやドリンクバーのおねえさんたちに若干無視されていたw
ケン坊、JAKE(作務衣姿)と順に呼び込まれ、最後にへきるんるん。
ハイビスカスの絵があしらわれた、夏らしい白いドレス姿でとても綺麗だった。

銘打ってのライブとしては初アコースティック。
ヤバい、これはかなり楽しい。
今回は1st〜4thアルバム限定の選曲。
昔ならではの良質メロディが、ギターとピアノがかき鳴らされる中、へきるさんの歌声でぐんぐん来るのは大変気持ちいい。
喉も含めて調子が悪そうなのが、少し心配ではあったが……。
以下セトリ。

1.空想メトロ
2.ラッキーDAY
3.ねえ
4.やさしいひとになりましょう
5.すごく楽しい空になるのに
6.2センチのせつなさ
7.泣いちゃいなよ、いま
8.花火
9.今すぐギュッと
10.色褪せない瞬間
11.攻撃は最大の防御
12.愛のてんこ盛り
13.Kissが足りない
14.T.R.Y.!!
15.私の未来

普通のライブが22、3曲だから中々のボリューム。
大楽氏はトーク&ライブと茶化していたが、ちゃんとアコースティックライブしていて(少なくとも夜は)、コーラス入れたり振りもやったり大満足。
個人的には6〜8、11〜12が熱かった。

MCは古い選曲だけあって、現在では中々出来ないであろう昔の楽曲の作り方について語られていて、非常に面白かった。
ケン坊が「花火」のエンディングに対して感嘆していて、実演してみせる下りもあったりして、普段のライブよりも濃い語り口できていた。
ハコの小ささが為せる業か。
へきるさんもより素っぽい雰囲気で、曲の出だしとかで遊んでいて、いたずらな笑顔が凄い可愛かった。

しかしそんな素敵トークも最後で台無しに。
かのブルーノートでライブが出来たらと言う話から、お酒を飲みながらライブと言う流れになり、ここでJAKEがお酒の失敗談を。
とある三次会で泥酔し、女性の胸を揉みまくってしまったが、加害者も被害者もその記憶が全く無いと言う。
そして最後の曲「私の未来」へ。
大楽氏「俺が思い描いていたアコースティックライブと違う……」
反省会が始まったw

次は5th〜8thが来るんだろうか?
来月も楽しみだ。
無事当選しますように。
posted by るい at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

月刊へきるん

20years of legend―CD Debut 20th Anniversary -
20years of legend―CD Debut 20th Anniversary -

4179*LOVEから会報到着。
メインはこの前の20周年記念祭。
そしてへきるライブ、 キタ (゚∀゚) !!!!!

但し普通のライブ……そう、へきるのライブは普通のライブなんだと今、書いていてふと気付いたw……ではなく、アコースティックライブ。
来月から1日ずつ4ヶ月連続、昼夜の2回まわし。

「椎名へきるマンスリーアコースティックライブ 〜毎月へきってやっちゃうぞ〜」

FCイベントの評判が良かったか、体調面を考慮してか。
アコースティックライブはじっくり聴いていられると言う面では非常に楽しい。
それにイケイケ曲のアコースティック・アレンジが格好良かったりするしね。
一風変わった夏ライブと秋ライブに参戦してくるんだぜ。

当にはならないかもしれないくらい、ハコの小ささが若干心配ではあるが……。
8月、9月、10月、11月と来て締めにカウントダウンライブがあったら素敵だなあ。
posted by るい at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

4179★LOVE 21期FCイベント「20周年記念祭」に行ってきたんだぜ!

1431288502922.jpg


誘惑いっぱいの街、新宿はBLAZE。
某氏とへきるFCイベントに参加してきた。
正味3時間。
普段のライブより長いじゃないですかーw
凄い楽しかったけどね。
席はあいにくとPA席付近の後方だったが、ライブ仕様の黄色いドレス姿のへきるさんは良く見えた。
路線変わらず。人妻へきるん可愛いよ人妻へきるん。

前半は大楽氏と20周年イヤーを、写真を交えて振り返りながらのトーク。
旅行シリーズのイベントには参加していなかったので、久し振りのコンビネーションを見た。
締まり無く無防備にゆるゆる喋るへきるさん。
容赦無くばっさり切り捨てる大楽氏。
これを見に来た。
しかしカウントダウンライブにくっついていたFCイベントの頃よりも、へきるさんはより自由に、大楽氏は鬼畜になっている気がw
ある話の下りで、
へきるさん「( ゚∀゚)アハハハハハハハ/ \ / \ / \ / \ / \」
めちゃくちゃ笑った。

中盤はへきるさんの衣装諸々賞品を掲げてのゲーム。
賞品の中にはへきるさんの目覚ましボイス入り、優しいバージョンと優しくないバージョンの2種の目覚まし時計も。
但し電池交換すると、録音されたへきるさんの声は消え初期化される模様w
ゲームはへきるさんが連想する「○○と言えば○○」を当てると言うもの。
卵料理と言えば、ゆでたまご?orたまご焼き?
ゆでたまごだと思う人は右手、たまご焼きと思う人は左手を上げ、違っていた人は次々座っていき、最後まで残った人たちが賞品を手に入れられると言うルール。

だがへきるさん、早くも2問目で「確率が気に入らない」(選択肢と言いたかった)と言い出し、以降二つの選択肢はへきるさんが決めることに。
スケッチブックに書く答えに解読不能な絵を描いたり、三つ目の選択肢を作ろうとしたり、ここでも大楽氏のライフを削っていたw
因みに一問目で自分も某氏も撃沈。座ってからも参加してみたが、ダメダメだった。

後半はこのFCイベントの目玉、ひだまりライブ!
お色直したへきるさんに続いて、木根さん登場。
そしてサポートとしてさいとうくんとケン坊も。
ひだまりの短い活動期間、ひだまりのシングルは一枚だけなど、やや自虐トークからアコースティックライブはスタート。
以下セトリ。

1.Size Up
2.Precious things
3.嵐のち晴れ〜そして…ひだまり。Version
4.桃色吐息(高橋真梨子カバー)
5.セーラー服と機関銃(薬師丸ひろ子カバー)
6.Love Your Name
7.眠れる森
 〜朗読「ユンカース・カム・ヒア」〜
8.One
9.Jungle Life
10.旅立ちの唄

予想以上のボリュームのアコースティックライブだった。
実に良かった。
バラードはより味わい深く、熱いアップテンポ曲はより楽しい曲に。
へきるさんの歌い上げる様をじっくり堪能できた。
メロディが良い曲はアコースティックでも映えるなあ。
「Precious things」大好きだ。
木根さんのブルースハープやハモりも格好良かった。
半分は木根さんを見ていたかもしれない。

客席の反応を見るに。カバー曲はファンの世代を的確に突いていた感じ。
「桃色吐息」なんて本当、小学生の頃CMで聴いた以来。
「セーラー服と機関銃」では冒頭の“快感”と言う言葉を言い忘れたへきるさん。
周りはその言葉だけ言えばと言うのに対し、何故かへきるさん、最初の下りまでやり直したがる。
どう言うことかと思いきや、へきるさん、薬師丸ひろ子風に歌い出す。
物真似したかったのかw

更にライブの終盤では何とへきるさんたちによる朗読の披露が。
これはへきるさんの希望らしく、昔アニメにもなった木根さん原作の小説「ユンカース・カム・ヒア」のクライマックスのシーンから。
「CAROL」も候補だったが、説明部分が多いので既に台本があるこちらになったとのこと。
嬉しいサプライズだった。
それにしてもこの歳になって、まさかその両タイトルを耳にする日が来るとは思わなんだ。

へきるさん:ひろみ&母親役
木根さん:父親&ユンカース役
さいとうくん:イケメン家庭教師役

二役やるにはちょっと無理がある台本ではあったが、頑張って上手いこと演じ分けていたと思う。
木根さんも優しい味がある声で、まったく芸達者な人だ。
BGMを両サイドのケン坊とさいとうくんが演奏していて、生BGM付きと言う実は豪華な朗読。
この面子のアコースティックライブだから可能な内容で、良い企画だなと思う。

最後はへきるさんたちと客席とで記念写真からの、へきるさんのお見送り握手。
客席から退場するまでの待ち時間は例によって大楽氏のトークショウ。
ステージのバラシも同時進行で、女性スタッフの一人をいじりまくっていたw
次のライブの話題になったところで、
大楽氏「ライブやるかー!」
そんな軽いノリで動き出すものなのか。
取り敢えずは期待していいのかな?

そんな訳で久し振りの普通のFCイベント、大いに楽しかった。
来年も木根さん呼ぼうぜ!
posted by るい at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

「ひだまり」復活!

俺ガイル2期、始まったー!
由比ヶ浜さんの可愛さが、自分がリアル高校生だったら目を見て話せないレベルになっているw
キャラデザとしてはゆきのんが最も大きく変わった印象かな。直ぐ慣れるだろうが。
ED良過ぎ。原作に寄り添った歌詞と言い、はやみんの声の伸びと言い最高。
台詞無しだけど材木座が映り込んでいるのが笑える。
展開早い。1期はアニメから入った口だが、原作既読だとこうも早く感じるものなのか。
でもニヤニヤしちゃう。次週も楽しみ。

Size Up - ひだまり
Size Up - ひだまり

閑話休題。
「4179*LOVE」からの会報が中々来なくて問い合わせたら、ヤマト誤配かも?→郵便で再発送と言う流れでようやく到着した。
昨年末の20周年記念ライブのレポがメイン。
へきるさんの写真は数々あれど、やっぱり一番可愛いのはライブ時なんだよなあ。
そしてFCイベ開催のお知らせ!
久し振りのお泊まりじゃない普通のFCイベント。
やっと参加できるw

今回は「ひだまり」アコースティックライブとのこと。
記事のタイトルに「ひだまり」復活!とか意気揚々と書いたけど、実はファンとしてはへきる空白期間だったりする。
「ひだまり」と聞くとどうしても「ひだまりスケッチ」が出てくる。
でもTMネットワークをリアルタイムで聴いていた世代なので、木根さんが来るってだけで熱い!
posted by るい at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

はっぴばーすでぃとぅゆー♪つたえたーくてー♪

明けてしまったが、3月12日は歌手デビュー20周年イヤー絶賛進行中のへきるさんのお誕生日なんだぜ。
少し期待していた417の日に関しては今のところ動きが無さそうなので、何とか夏にはライブやって欲しいと言う気持ちがあるが。
まあでも健康第一でいてもらいたい。
そんな訳で。

椎名へきるさん
お誕生日おめでとうございます!

そう言えば先日セイガク祭が行われた国立代々木競技場第一体育館は、十数年前へきるさんのライブで行ったことがあった会場だったりする。
あのテントのようなフォルムとアリーナ入場口で思い出した。
まだ特攻隊を着たファンがいた時代ですよw
posted by るい at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

次回「電撃ニコ生 へきらーず、すっぴんトークスペシャル」をみんなで見よう!

ほっちゃんのFCイベント「黒ネコ集会vol.14」無事当選!
これで心置きなく3月の「めぐる冒険V」に向かって決算期を頑張れる。

椎名へきる生出演「電撃ニコ生 へきらーず、すっぴんトークスペシャル」

今月末31日の20:00から椎名へきるのニコ生特番があります。
昨年末に行われたライブ映像も流れる模様。
セトリ的には昔の楽曲が大半を占めるライブではあるのだが、へきるが今やっているライブを見てほしい興味を持ってほしいんだぜ。
posted by るい at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

HEKIRU SHIINA LIVE 2014 ?20th Anniversary?(東京)に行ってきたんだぜ!

1419925336442.jpg


久し振りの東京国際フォーラム。
へきるファン的には完全に年末のイメージのこの会場、懐かしい。
個人的にはいつもフォーラムは引きが悪いのだが、今回は15列とまあこれでもいい方。
でもセンターだったし、太ももまで見えたので大変満足w
今日はフルグラTシャツ着て臨んだ。
そう言えば企業ブースふらふら回って気付いたのだが、フルグラのアパレルって今の流行りなのか。

以下セトリ。

前説:歌わない大楽さんw

1 Hello Goodbye
2 空をあきらめない
3 だめよ! だめよ! だめよ!
4 live to love 〜もう少し早く逢えたなら〜

〜MC〜

5 せつない笑顔
6 MOON LIGHT
7 色褪せない瞬間
8 風が吹く丘
9 ガンバレ

〜バンメン紹介〜

10 Secret Butterfly
11 SNOW fall
12 PROUD OF YOU
13 -赤い華- You're gonna change to the flower
14 BESIDE YOU
15 believe

〜MC〜

16 目を覚ませ、男なら
17 MOTTOスイーツ
18 One
19 Endless Dreamer
20 WONDER☆RIDER
21 電撃ジャップ

〜アンコール〜

22 Graduater
23 抱きしめて

〜ダブアン〜

24 スタンバイ!

終演後にチケットボードから来る、へきるさんのメッセージメールのセトリ、大阪で誤植ありありだったが、東京でも変わらずw
でも昨日は自分でも分かるミスがあったが、へきるさんの声の伸びとパワーと言い、素晴らしいクオリティになっていたかと。

いやはや終わったね。
ああ、あっと言う間だった。
楽しかった余韻と凄い脱力感。
へきるさんの「笑顔でまた会おう」の言葉を胸に、明日からも生きる、一生懸命(?)。
最後の最後のMCはへきるさん、うるうるしてたなあ……。
ありがとうの他に伝えられる言葉が無いと言っていたが、こちらも一緒ですよ。

久し振りの椅子があるライブな訳だが、今更気付いた。
椅子に座ったのは「女の子ちゃん元気ー?」の時だけだった。
このセトリの妙。
向こうサイドに最早、座る時間があるようなぬるさは頭に無いと言うことかw
まあ20周年やご結婚を機に久方ぶりに参加した人にも優しいし、定番もあるし、目新しさもあるし、何だかんだで良いセトリだと思う。
確かにへきるさんの言う通り、11からの流れと言い二度と無いかもしれぬスペシャルさだ。

今日はステージ上にセットが組まれていて、上からは垂れ幕みたいな布、更に「SNOW fall」辺り(?)からカメラが入って、設えられたスクリーンにアップの映像が。
何と昔のスタッフが集まって、無償でやって下さったとのこと(舞監もいっぱいだったらしい)。
凄いよなあ。
スペシャルなステージ。
でもこう言うことが普通に有償で出来るように、へきるさんの言葉を借りるなら“物語を紡ぐ”か、応援していこうと思った。

MCでケン坊が、「ミュージシャンをミュージシャンとして立たせてくれるステージ」と言う言葉か印象的だった。
他のバンメンも「他ではクールに演奏しているけれど、ここでは笑顔になる」とか、「サポートメンバーでこんな自由にやらせてくれる現場は他に無い」とか。
そんな特別な現場に参加しているこちらも、何ともスペシャルな嬉しい気持ちになる。

あと可笑しかったのは大阪で男の子にサインを求められたと思ったら、AKB某と間違えられ、東京ではハロプロ某と間違えられたと言うへきるさんw
モーニング娘一期と一緒にテレビに出たへきるさん、乃木坂某と同じ時代に歌い続けている。
“歳をとっても いつまでも!”
posted by るい at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

HEKIRU SHIINA LIVE 2014 ?20th Anniversary ?(大阪)に行ってきたんだぜ!

1419842984153.jpg1419842996326.jpg


大阪終了。
最高だったー!
1年振りって声優のライブとしては決して長いスパンではないけれど、それでも長い待ちだよ、やっぱりへきるライブはやめられない。
5列目センターで人妻になっても可愛いへきるさんを堪能。

20周年に相応しくも、色々な世代の代表曲を意識して難航したことが窺えるセトリだなと思った。
その辺はへきるさんも言及していたが。
どこを切り取っても濃い楽曲ばかりで、クールダウンできない楽し過ぎるライブだった。
この時間が終わって欲しくない、もう後半なのか、終わらないでと思ってしまう。

しかしこれだけの楽曲を並べても、全てはカバー出来ないなんて、どうしたらいいのやらw
おっさんホイホイから鉄板まで色々あったが、個人的に最も痺れたのは「SNOW fall」からの「PROUD OF YOU」、そして超好きだが本当にお久し振りの「believe」。
これは燃える。
もうへきるさんが格好良過ぎて震える。
あと不意討ちの1曲目、「Hello Goodbye」で泣きそうになった。

そう言えば今回ランティス曲が無かったが、DOGのKENさんが自分が作った曲だけのライブをやりたいと言っていた。
何その夢ライブ!
是非実現してほしい、お互い身体が動くうちにw
あとこれもKENさんが言ったんだったか、来年も変わらぬへきるライブが続くって言葉が嬉しかったな。
今回の見所。
マリオの銀ピカの靴と長めの半ズボンw
posted by るい at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫茶室で復習中

1419839552662.jpg


ホテルの都合、御堂筋線からなんばHatchに向かったが、こちらからだと結構めんどい。
それにしても着替え不可欠なライブだから、国際フォーラムと言い冬場は、大きな建物の会場は有り難い。
昨年の大阪は外で着替えたしw

グッズはフルグラTシャツと黒Tシャツとタオル、カレンダー大とクリアファイルAを購入。
他はコミケ次第w
posted by るい at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

へきるご結婚もお祝いしにいくよ!

初めて見たのが2chのまとめサイトだったから……。
ガセかと思ったらガチだった。
へきるさんご結婚。
これぞ青天のへきへき。
一生独り身だろうと思っている自分にとっては、へきるさんが一つ上のステージに行ってしまったようで少々切なくもあり眩しくもあり。
それにしても20周年に加え、更にライブが盛り上がるネタを隠していたなんて人が悪いのん、へきるんるん。
真面目な話、夏ライブが無かったのは挙式の準備で忙しかったってことなのかな。
自分がサクラの歌謡ショウ以前にライブに通っていた頃ならこのニュースでチケの売上も減ったんだろうが、今だと出戻りが増えそうな予感w
posted by るい at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

へきる20周年をお祝いしにいくよ!

随分、遅れていたようだが「4179*LOVE」から会報が届いた。
沖縄で行われた20周年FCイベントのレポや、
20years of legend―CD Debut 20th Anniversary -
20years of legend―CD Debut 20th Anniversary -
の撮影模様が主な内容。
そして。
来た。

HEKIRU SHIINA LIVE 〜2014 20th Anniversary〜
12月29日(月)大阪なんばHatch
12月30日(火)東京国際フォーラム・ホールC

椅子に座れる。
いや、そうじゃなくて。
来ましたよ。
へきるライブ。
夏ライブが無いと知ってから、無理してでも沖縄FCイベントに行っておけばよかったと涙で枕を濡らし(泣いてはいない)、このままライブTシャツを箪笥の肥やし(箪笥じゃなくて収納袋)にしておくのは口惜しいと、それを着て毎朝ジョギングを始めて数か月……。
キタァ(゚∀゚)ァァ( ゚∀)アァ( ゚)ァア( )ァァ(` )アア(Д` )ァア(*´Д`)アァン
遂にへきるTシャツが本来の用途を果たす時が来たんだぜ!
へきるさんとバンメンにまた会えるかと思うと最早気分は「うおんちゅー!」ですよ。
会報のへきるさんのメッセージが熱過ぎる。

FC先行チケには、12月29日(月)発売の44thシングル「Hello Goodbye」(販売はこのワーナーの通販のみ)が付いてくるとのこと。
以前、シングル発売されると思っていた「RUN&RUN」の方がCWになるのかな。
大阪・東京と自動的に2枚買うことになる訳だからまた某氏にあげるかw
posted by るい at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

「スタンバイ!」PVの衣装欲しいw

4179*LOVEから会報到着。
「CD Debut 20th Aniversary HEKIRU SHIINA」の宣伝、それにアルパカたちと戯れるへきるさんがメイン。
夏ライブも無いしFCイベントもパスしちゃったし、ここはトークイベント&特典お渡し会でへきるさんに会いに行くか!
抽選……そこまで倍率は高くないだろうが、どこで予約するのがベターか思案中。

祝20周年のプレゼント企画で、へきるさんの衣装を大放出しているが男性にもちゃんと当たるんだろうか。
国際フォーラムでやっていたFCイベントでは悉く男性は弾かれてきたがw
posted by るい at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

「HEKIRU SHIINA LIVE TOUR 2013〜2014」(東京1部2部)に行ってきたんだぜ!

クリアファイルのへきるさんが可愛過ぎる。

140104_1402~01.jpg


前々日の夜、喉の痛みと言うか激痛で目が覚めた。
風邪のひき始めか、これはまずいとコンビニで医薬部外品ののど飴を購入。
当日には身体の熱っぽさも消え、声もでるようになった。
一昨年に久美さんの舞台で体調を崩し、一枚チケットを無駄にしたことがあったのだが、それを思い出しつつほっとした。
仕事で病欠はしのびないで済むが、イベントごとで休んでしまう精神的ダメージは計り知れないものがある。

そんな訳で無事、渋谷はO-EASTへ。
O-EASTやO-WESTはよく聞くがここには他にも3つライブハウスのスペースがあるんだね。
いつものように東京は某氏と参戦。
1部は下手側で心底楽しそうなさいとうくんを、2部は上手側で格好良過ぎるDOGのKENさんを拝んできた。
更に大阪の紙チケと違い東京はFCチケなので、へきるさんのご尊顔もはっきり拝めた。
スペースもあったし、へきるさん近くに来てくれるしで、大阪以上のテンションで跳んで叫んで盛り上がってボロ雑巾になって帰ってきた。
DOGのKENさんは「筋肉痛になったとかブログに書くんじゃねえぞ! お前らより年上の俺が頑張ってるんだから」と煽っていたがw
でもやっぱり疲れた。
疲れたが、最高のライブだった。

セトリは2部で「ONE」が削られていた。
これはカウントダウン仕様だったのだろう。
1部の「ロックンロール・ラブレター」で終盤へきるさんが舞台から消えるハプニング。
へきるさんが上手から下手に移動後、さいとうくんを見ていてふと気付いたら、へきるさんの姿が無かったw
でも歌声だけはしっかりと聴こえてきていて、バンメンが前に出てサポートしていた。
何かがちぎれたと言っていたが、衣装の一部?
昔のライブで階段を下りる時にすっ転んでマイクを落としてしまい、それでも歌が始まる前にマイクをしっかりと掴んだエピソードを話すへきるさん。
何があってもマイクは離すなと教わっていたとのこと。
舞台袖でスタッフに何かを直してもらいながら歌っていたへきるさんを想像すると、中々胸が熱くなる光景だ。

今日のMCも色々自由に喋っていたが印象的だったのはケン坊の話。
大阪のカウントダウンの後、3時とか4時とかの遅い時間にみんなで食事に行って。
隣に座っていたへきるさんが色々喋っていたけれど、余りに眠くて返事も何だか適当だったと言う。
その絵面も面白いが。
みんなで揚げ物や串カツを散々食べた後、やおら持ち込んでいた重箱をでんとテーブルの上に出すへきるさん。
へきるさん「おせち食べよっと♪」
ケン坊「( ゚д゚)」
ケン坊(へきるさん優しい人だから、皆さんどうぞとか言うんだろうな……)
へきるさん「(´〜`)モグモグ」
ケン坊「( ゚д゚)」
ちょうだいと言ったらくれたそうですがw
この光景を思い浮かべると、シュールだが萌える。
何この生き物可愛過ぎる。

もう一つ、これはアンコール時の挨拶にも繋がるのだが。
へきるさんが、切ない恋バナ何かありませんか?とケン坊に振る。
純情一途アピールしつつ、雪の中で8、9時間余りとある女の子を待っていた悲恋を語るケン坊。
へきるさんの相槌がひどかったw
昔は黒電話でね→おばけ電話ってあったよね
話し終わって→縁が無かったんだね
身も蓋も無さ過ぎるw
そしてアンコールのケン坊。
「ファンのみんなはへきるちゃんに恋している。ぼくたちもへきるちゃんに恋している。でもライバルじゃない、仲間なんだ。へきるちゃんは楽屋でタバコ吹かしてめんどくせぇとか言ったりしない(笑)。ぼくにここはこうした方がみんなに届くんじゃい? とかいつもそんなことばかり言っている。きみたちは素晴らしい人に恋したんだ」
何てニクイことを言うんだ。
そして後ろで照れ照れなへきるさんがめちゃくちゃ可愛かったでした。

自分は名古屋には参戦出来ないが、次は順当に行けば夏か。
今度は一回回しで全席指定になると尚嬉しいが、そんなこと言っていると「甘ったれてるんじゃねえぞ」とかDOGのKENさんにどやされそうな気配w
posted by るい at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

「HEKIRU SHIINA LIVE TOUR 2013〜2014」(大阪1部2部)に行ってきたんだぜ!

140101_0117~01.jpg


↑第2部のカウントダウンでへきるさんに仕掛けたサプライズ企画。

帰ってきたのん。
まだ夢うつつな感じ。
そして早くも首と右腕と両ふくらはぎに筋肉痛が始まっている。

紙チケットなのでだいぶ後方だったが、何とかギリギリへきるさんの上半身くらいは見えた。
一番よく見えたのはDOGのKENさんだったりする。
第1部のへきるさんは赤いジャケット羽織ったAKBなにがしっぽい(何となく)格好で、第2部は水色のロリ風味なドレス。
どちらもエロ可愛い。
二つ参加すると衣装チェンジが見られるシステムw

以下セトリ。

〜第1部〜

1.Phoenix
2.live to love -もう少し早く逢えたなら-
3.気づいて!
4.少女爆弾
5.Kissが足りない
6.ガンバレ

アコースティックコーナー&MC
7.あなたの名前
8.愛のカタチ

9.Jumping Slash
10.ロックンロール・ラブレター
11.WONDER☆RIDER
12.Truth, My Melody

アンコール
13.Jungle Life
14.Endless Dreamer
15.Sunday Punch

〜第2部〜

1.Phoenix
2.live to love -もう少し早く逢えたなら-
3.気づいて!
4.246
5.目を覚ませ、男なら
6.風が吹く丘

アコースティックコーナー&MC
7.あなたの名前
8.せつない笑顔

9.Jumping Slash
10.ロックンロール・ラブレター
11.WONDER☆RIDER
12.Graduater

カウントダウン
13.One
14.抱きしめて
15.Endless Dreamer
16.ラッキーラ★

会報には一部セトリが変わると書いてあったが、半分くらい違うと言う荒ぶるセトリ。
まさかアコースティックコーナーまで変えてくるとは。
前半が本当に昔の曲で、後半が定番だったけど昨今セトリに入る回数減ってなくなくない?な曲で、とても満足。
「WONDER☆RIDER」=大楽の曲みたいな意識がやっと消えたw

好みとしては第1部だが、ド定番な殺人セトリも捨てがたい。
第2部でセトリが変わってから、急に殺しにかかってきたのでビビったw
両方に参加すると、より熱く感じるセトリ。最高。
「ラッキーラ★」は今後も終盤の定番になってほしいのんなー。

今回の大きな収穫はやはり、「Phoenix」「気づいて!」「Jungle Life」。
それにアコースティックコーナーの計3曲。
アコースティックは今回のライブの肝かも。
何と言ってもMCが普段の1.5倍の長さとグダグダさw

恐ろしく唐突にみつるさんに、初夢でどうして一富士二鷹三なすびなのか知ってる?と得意満面で尋ねるへきるさん。
なすの手触りをヒントに客席、果てはKENさんまで巻き込み“ツルツル”→“ハゲにならない”と説明するへきるさんだったが。
客席からの鋭過ぎる突っ込みで、三なすびも二鷹も間違っていると言う顛末に。
この日のへきるさんはしれっと語るものの、実はその情報が間違っていると言う騙されキャラになっていたw
物凄くいい曲、歌っているのに「次の曲何だっけ?」とか言い出す緩さ。
なかなか曲が始まらないバンメンとのやり取りに笑った。
他はほぼほぼノンストップなので、このアコースティックコーナーがお互いの休憩どころ。

あと「気づいて!」で歌い出しにミスるへきるさん。
「ワンモアタイム」
そして今度はKENさんが、へきるさんのタイミングより先にイントロを弾き出す。
「ワンモアタイム」
と言うハプニングもあった。
何となくいつもよりゆるゆると言うか、アットホームな空間になってように思った。

思っていた以上に1部2部、それぞれ内容が濃くて本当に楽しかった。
が、疲れた。。
着替えとロッカーに荷物を預けるタイミングが大変だしね。
大阪は割と暖かかったが東京が心配だ。
第2部開始時へきるさん「着替えても無駄なのにw」
いやまあそりゃそうなんだけれども。
posted by るい at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
IT000200607300444cbb60f0c952.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。