2016年07月06日

顎下腺腫瘍と言うもの(検査編その1)

とある大学病院の歯科口腔外科を紹介されて初診。
PHS的な端末を持たされて、画面の指示に従って院内をあちこち移動したり、料金も自動支払機だったりと、今はこんなにシステム化されているんだなと感嘆。
他の方が歯の治療を受けている中、本当にここでいいんだろうかと思いつつ、歯科口腔外科へ。
最初は若い先生が問診をし、それを受けていかにもベテランな風の先生が触診をした。
一発で「顎下腺腫瘍」と診断された。
ルートとしては耳鼻咽喉科で診てもらうのがセオリーらしいのだが、この辺は共通の分野なのだろうか。
後で更に病院を紹介されることになるのだが、その時は頭頸部外科と言う括りで予約したし。

先生から腫瘍の良性と悪性の可能性、良性か悪性かによって手術の方法も変わってくると言うこと、それを判断するために必要な検査の説明を受けた。
そしてCTとMRIの撮影をしなければいけない旨も説明された。
検査で造影剤の投与が必要なことと、万が一の確率で起きる危険な副作用のこと。
そこで、「副作用が起きるかもしれないけどOKですか?」的な書類にサイン。
そして血液採取と患部のレントゲンを撮影をして、その日の診察は終了。
診療費は3500円(3割負担)ほど。

翌々日、CT検査。
造影剤の量を決めるため体重を聞かれ、点滴の針を刺された。
ベッドに寝かされ、狭いトンネルの中をくぐっていく、TVなどで見かけることも多いアレ。
息を吸ったり止めたり吐いたりと指示を受けたが、一体どのタイミングで撮影しているんだろう?
前半は造影剤無し、後半は造影剤有りの撮影。
「造影剤が入ってくると身体が熱くなるけど異常ありませんよ」
点滴の針を通して造影剤が入ってくると、腕に液体が入ってくる感と下腹部が主に熱くなった。
大体30分くらいだったと思うが、動いてはいけないってのは意外と疲れる。
診療費は8200円ほど。
CTはさすがにお高い。
身体に入った造影剤は尿として出ていくので、検査が終わったその日はゆっくりでいいからペットボトル1本くらいの水かお茶を飲むよう、看護師さんから言われた。

その翌週くらいに今度はMRI検査。
造影剤が完全に身体から抜けてからになるので、またMRIの予約の都合上、このくらいの空きになった。
患者側としては検査は基本、CTと同じ。
違うのは撮影の最中、謎の怪音(色々な種類のブザー音)が断続的に大音量で流れてくること。
ヘッドホンを付けられ、何か異常があった時の為にナースコールみたいなボタンを持たされた。
ヘッドホンを付けていても、かなりうるさい。
ざっくり言うと、CTはレントゲンの凄いやつ、MRIは磁力を使って骨格が映らない撮影をするやつらしいのだが。
磁力を発生させるために、こうした音が必要なのかもしれない(?)。
前の人が終わるまでの間、ちょっと不安になるくらいの怖い音だった。
あとベルトや眼鏡と言ったレベルで金属類が持ち込み禁止で、検査室に入る前に外さなくてはいけないので、女性はアクセサリー類はしてこない方が楽だと思われる。

直後、超音波検査もした。
照明を落とした薄暗い部屋で椅子に座り、患部のコブに軟膏みたいなものを塗られ、コブにスキャナーをあらゆる方向から当てられた。
CTやMRIと違って特に緊張することも無く、為されるがままにしているうちに検査は終了。
この日の診療費は7800円ほど。
CTよりMRIの方が安いと言うのが意外だった。

検査編その2に続く。


posted by るい at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

顎下腺腫瘍と言うもの(放置編)

いつもは中途半端なレポや感想を書いているブログであるが。
たまには世の役に立つかもしれないことを書いてみるw

先日、顎下腺腫瘍の手術・入院をした。
がっかせんしゅよう。
他にも舌下腺腫瘍だとか耳下腺腫瘍だとか類似品がある。
顎下腺腫瘍はその名の通り、顎の下に出来る腫瘍。
要は顎の下にできるコブ。
腫瘍と言うだけに良性と悪性がある訳だが。
痛みがあったり、急激に大きくなったりするとどうやらガンの可能性があるらしい。

自分は顎の左下にできた。
最初にこれに気付いたのは最早定かではないが、術後から遡ると5年以上前だと思う。
一番最初は10円の飴玉くらいの大きさだった気がする。
痛みは全く無く、触るとグニグニ動く感じ。
自分も歳をとってきたし、まあコブくらい出来るよなとか思っていたw
(祖父が首の後ろにコブあったし)
しかし痛みも痒みも全く無い。
普段の生活では本当に実害ゼロで、コブの上からひげも剃れるしで、何年も何年もほったらかしにしていた。
若い女性ならば容姿的な面で直ぐにでも病院に行ったと思うが。

そしてコブはゆっくりと大きくなっていって、次第に職場の仲間からもコブについて指摘されるようになった。
飴玉サイズだったコブも大福くらいのサイズになっていた。
会社の健康診断の問診でも「耳鼻科か整形外科さんで取ってもらった方がいいですよ」と言われ。
自分でもさすがに邪魔っけになってきたので、年度末が終わって4月から病院に行くことにした。
顎下腺腫瘍の場合、まず町の耳鼻咽喉科に行って診てもらい、そこでは手術はできないので大きな病院を紹介してもらう、と言うのがセオリー。
なのだが自分は近所に二軒ある耳鼻科が休診日だったので、歯科と整形外科がメインの病院に行った(整形外科でもOKと言われたので)。

自分としては整形外科を頼ったつもりだったが、歯科の方でレントゲンを撮られた。
顎の下のコブと言うものについてネットで調べた後なので、何か違う気もするが所詮素人なので大人しく診てもらう。
「これは甘く見ない方がいいよ」
今となれば実際、確かにそうだった。
すると口腔には問題無いと判断され、とある大学病院の歯科口腔外科を紹介された。
セオリーとは違うルートで検査が始まった。
因みにこの町の病院では初診とレントゲンと紹介状で2600円くらい(三割負担)。

検査編に続く。
posted by るい at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

響け!ユーフォニアム宇治舞台探訪その13

※スマホだとサムネイルをタップしないと、ちゃんと画像が見えない模様。

1466628217486.jpg

追加パートから外され、とぼとぼ歩く久美子。
宇治橋。
ここはやはり格別の思いがありますな。
振られた葉月が歩いていたり、サンフェスの朝に久美子が走り抜けていったり。

1466628260897.jpg

上手くなりたい上手くなりたい。
泣きながら走っていく久美子。
演出的にはTVシリーズの方が好き。
しかし黒沢さんの演技はどちらも素晴らしい。

1466628294731.jpg

悔しくて死にそう。
秀一と叫び合った後、泣き崩れる久美子。
劇場版の黒沢さんの演技はガチで泣いていると思えるくらい、心に刺さった。
そして自分の人生で悔し泣きすることなんて、この先もう二度と無いだろうなと思うおっさんなのであったw
思えば、自分のクラリネットは秀一の「くそっ」ばかりだったな……。

1466628310948.jpg

地獄のオルフェ。
麗奈の悔しさ辛さを知る久美子。
アニメ見ていて、作っているチームに尊敬の念と言うか感服するような気持ちになったのはこの瞬間が初めてかもしれない。
トビケラ舞う中、電車が来る瞬間を写真に収めるのは中々難しい。

1466628387671.jpg

昼間の宇治橋。
ユーフォの舞台探訪において、最重要スポットにして最も簡単に来られる場所ですな。
取り敢えず宇治まで来て駅構内にテンション上がった後、この橋を見た時の感動と言ったら。
更に夜に来るとここから離れがたくなります。
posted by るい at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

響け!ユーフォニアム宇治舞台探訪その12

※スマホだとサムネイルをタップしないと、ちゃんと画像が見えない模様。

1465936634643.jpg

東宇治高等学校。
北宇治高校の場所的モデル。
外観&中身モデルの莵道高校もそうだけど、学校を見に行く時は平日午前中の授業が進んで昼休みの前の時限くらいが、生徒さんに遭遇する心配も無いので良いかと思う(休日だと生徒各自、不定期に登校してくるだろうし)。
傍から見たら不審者ですしw

1465936667840.jpg

六地蔵駅。
加藤ー、待ってるよー!
「チームもなか」に見送られる葉月。

1465936866522.jpg

葉月ちゃん、全力ダッシュからの大ジャンプ!
わーーーーー!

1465936880091.jpg

アニメだとかなり広大に見えるけれど、実際は割と短い距離。
莵道高校と色々大事なことが起こり過ぎ公園とそこの坂道を、六地蔵駅やこの辺と接続して組み合わせると北宇治高校周辺になるんだろうな。

1465938869861.jpg

北宇治ー、ファイトーおー!
実際にその地を訪れてからTVシリーズを見返したり、劇場版を見たりすると、キャラがかの地で生きて学校生活を送っている感が増大してゾクゾクしてくる。
posted by るい at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

響け!ユーフォニアム宇治舞台探訪その11

1465675817133.jpg

時間を調べて乗った以外でも、普通に移動しているだけで偶然3回、乗った。
そんな訳でギャラリートレイン編。
今期の年度末まで走っています。
何かもう、ここまで長期間に渡って走らせてくれるなら、ずっとこのままでいいんじゃないって思ってしまうw

1465675831563.jpg

電車内はこんな感じ。
自分が大好きな別作品、俺ガイルの千葉都市モノレールがこってりし過ぎているのか(?)、小ざっぱりとした印象だった。
オタオタしくないと言うか。
そんなことは無い?

1465675864173.jpg

アニメの1シーンが飾られている中吊り。
宇治の街に生きる北宇治高校の生徒。
この配置、センスいいなあと思う。

1465675894586.jpg

ドア横は二期のキャラ絵。
上に楽器の絵があるのが何気に芸が細かい。

1465767128629.jpg

この版権絵だけ全く見覚えが無い。
どこで使われたものなんだろう?

1465675924588.jpg

写真を撮る時は他の乗客のご迷惑にならないように気を付けませう。
あとユーフォとコラボのフリーチケットはちゃんと使ってこそ、宇治の舞台探訪として正しい姿だよなと思う。
普通にグッズの一つとして持ち帰ってきた自分はちょっと後悔している。
posted by るい at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

響け!ユーフォニアム宇治舞台探訪その10

1465308631527.jpg

サンフェスで行進した通りっぽい所。
競技場のトラックの出口付近。
丁度「お祭りフェスティバル」の日に立ち寄ったのだが、この日は何やら小中学生(?)の陸上大会が催されていて、残念ながらトラックに降りることは出来なかった。
この競技場の外周も子供らが割と頻繁に走っていて、これ一枚撮るのも中々大変だったw

1465308761067.jpg

パーリー会議前夜、部長と香織先輩が作戦会議しているベンチ。
苦労人の部長が劇場版EDのカットでトロフィー抱えている姿は本当に泣ける。

1465308788112.jpg

チョップ! チョップ! チョップ!
みどりが葉月からジョージくんを進呈されるブランコ(確か左側)。
三人の関係性が素敵な回だったな。

1465308839302.jpg

香織先輩の夢は絶対に叶うべきなんです!
1枚目とは別の入口から去っていく香織先輩。
絵面と言うか構図的な理由からなんだろうけれど、それもあって、アニメを見ていると全て同じ公園で起こっているとは気付きにくいと言うのがまた面白い。

1465308848714.jpg


その6の莵道高校から下った通学路の横。
そんな訳で劇場版では全てカットされているけれど、北宇治高校吹奏楽部大事なこと起こり過ぎ公園。
posted by るい at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

響け!ユーフォニアム宇治舞台探訪その9&京都舞台挨拶に触れつつ

京都宇治から帰宅。
スマホの万歩計だと京都にいた4日間で、ざっと60キロ歩いたことになっているが未だに足に疲労が残っているので概ねそんなくらいかも。
写真も160枚ほど撮ってきて、今までその中の一部を上げ続けてきたけれど、メールで容量リサイズして送っているのでやっぱり画質は良いとは言えない。
でもこのくらいの方が現地に行きたくなるはずw
写真どうこうより、現地で目の前に広がる光景に浸ることが一番だと思っているので。

京都でファイナル舞台挨拶があった後なので、今回はちょっと触れつつ駅のパネル編。
1回目の鑑賞は舞台探訪を終えた後なので取り入れた舞台のリアルさに感じ入りながらも不思議な感覚に、そして2回目の鑑賞では滝先生の視点と滝先生の表情に妙に泣かされた。
そんな訳で映画を見ると感動で記憶が飛ぶので、各人の量に差があるのはご容赦。
※スマホだとサムネイルをタップしないと、ちゃんと画像が見えない模様。

1465154979645.jpg

宇治駅。久美子はん。
舞台挨拶は通算4回見てきたが、黒沢さんは他の人が喋っている時も基本ずっと客席を見つめている姿が印象的だった。
芸歴が芸歴だけに、一番年少者だなんて言われないと分からないレベルで落ち着きがあると思う。
「北宇治カルテットは通算23回舞台挨拶をやってきて、最初の頃は受け入れてもらえるか(自分の演技)不安で緊張とパニックだった、でも今は落ち着いている」
「久美子が香織先輩を見つけるシーン、TV版では他の部員からあすかに聞いてこいと言う流れになっているけれど、劇場版ではそれが無くて久美子がぽろっと漏らした形になっていて、黄前ちゃんは面白いねと言うあすかの台詞がより強調されていると思う」
「劇中で出てくるあがた祭りが実際にある今日、京都でこの映画が見られるのは特別なこと。映画が終わってからもあがた祭りなどを見て、特別なこの日を楽しんでほしいです」

1465154994050.jpg

同じく宇治駅。特別麗奈さん。
安済さんは美人だが、美人だが……な人だなw
話聞いてた?って言われて聞いてた!って跳ねている姿が可愛かった。
「お手紙で京都に連れてきてくれてありがとうって書いてあるのを読んだけれど、こちらが連れてきてくれてありがとうって思っている」
「(キービジュアルを見て原作の続きを読もうと考えている黒沢さんを受けて)原作はTVシリーズが終わってから1巻を読んだのだけれど、こんな麗奈が関西弁だと柔らかな印象だった。ねじ伏せる!をねじ伏せたるわ!とかだいぶ軽い感じになっていて」
ねじ伏せたるも十分怖いよと豊田さんに突っ込まれていたw

1465155011342.jpg

黄檗駅。葉月ちゃん。
朝井さんは何だかんだで一番どっしりしている感があるな。そしてかつての同級生に似ているので、ついつい見てしまうw
「学生時代に経験した感情を、また二期では新しい感情が芽生えさせられると思いますので楽しみにしていて下さい」
「(Twitterの質問、アニメの舞台となった場所で行ってみたい場所は?)例のベンチ」
「(二期で気になること)みぞれとのぞみが私、気になります!」
前日のイベントでも千反田えるネタがあったなw

1465155046672.jpg

伏見稲荷駅。みどりですが。
豊田さんは一番地声がキャラに近いんだな。とても可愛らしい容姿と声ながら実はしっかりしていて落ち着いている。
「私が吹奏楽部だった頃はユーフォは本当に人気が無い楽器で、花形のトランペットやトロンボーンに入れなかった人が流れてくるような楽器だった。でもお手紙などで“吹奏楽を始めました、楽器はユーフォです”と言うのを貰ったり、最近はユーフォ希望の子が凄く増えていると聞いて、このアニメは吹奏楽界に革命を起こしているんだなと思います」
「今日はあがた祭りです!」→朝井さん露骨に落ち込む姿とやり取りが凄い面白かった。

1465155065751.jpg


六地蔵駅。北宇治カルテット。
二期の話で安済さんが麗奈はこの先、久美子以外の子とコミュニケート出来るのかと言う話をしていて、みどりに至っては一度も話したことが無いと言っていたが。
今となっては慣れたような気もするが、こうして仲睦まじく並んでいる版権絵っていっぱいあるんだよね。

石原監督、今日は自宅から来たw
「こだわりがあるシーンは再オーディションの前の久美子と麗奈。あそこがこの映画のメンタルな面での山場なので」
「上手い人の更に上を行く上手い人と言うことで、香織先輩の再オーディションの見せ方はキャラに語らせる演出とかで悩んだが、音楽プロデューサーに頑張ってもらった」
「(二期キービジュアルを見て黒沢さんが寿さんに電話して話して、寿さんとは仲良くさせてもらっていると言う話を受けて)お二人が仲良くしているのを見ると、目頭がうぅっとなる」
久美子とあすかの関係、一筋縄ではいかなさ過ぎそうで私、気になります!
posted by るい at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

響け!ユーフォニアム宇治舞台探訪その8

旅先なので順不動に気分で。
スマホだとサムネイルをタップしないと、ちゃんと画像が見えない模様。

1465082010951.jpg

何でユーフォ持ってこなくちゃいけないんだあ。

1465082227629.jpg

久美子と麗奈の逢引き待ち合わせ場所。
夜の神社ちょっと怖い。

1465082329340.jpg

昼間だけど、麗奈が好きな方の渋い神社。

1465082374573.jpg

麗奈の特別な皮もぺりぺり剥がしたい。
麗奈に連れていかれる久美子。
この辺、中々幻想的で綺麗だった。

1465082450520.jpg


大吉山展望台から。
ファン心理や怖さと疲労から来るテンションもあるだろうが、想像を遥かに上回るめちゃくちゃ綺麗な景色だった。
見た瞬間、本当に久美子と同じため息が漏れる。
これを見るために宇治まで来たのだと言っても今なら過言ではない。

ただ夜登山がイベントでの黒沢さんの発言もあるが、グレーゾーンから若干タブーな流れになりつつあるので、複雑な気持ち。
行政側は禁止は出来ないけど、控えてほしいと言う見解らしいが。
展望台で騒ぐのは以ての外で、天候・体調・装備を見極めた上で、みんな登ってほしい。
夜登山禁止になって、あの久美子が思わず恥ずかしい言葉を発してしまうくらいの夜景が見られなくなってしまうのは、余りに惜しい。
posted by るい at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

響け!ユーフォニアム宇治舞台探訪その7&イベント感想

旅先なので順不動に気分で。
スマホだとサムネイルをタップしないと、ちゃんと画像が見えない模様。
ここまでテンプレだが、「宇治でお祭りフェスティバル」終わりなので、ここは宇治市文化センターをば。

1465045256998.jpg

トランペットのソロパートの再オーディションが行われた場所。
事件としてはただそれだけの場所なのだが、ここは凄まじく色々な思いが詰まった場所だと思う。
言ってみれば部員全員だと思う。

1465045366144.jpg

香織先輩の控え室、と言うと何かひどい言い様だがw
香織先輩は外にいて、麗奈は中にいる。
二人の気持ちの向かっている方向と言うかベクトルって感じがするなあって思う。

1465045417292.jpg

あすかが思っている私の一歩先を、本物の私が行きたい。
劇場版には無いが、部長との会話が凄く好きです。
爽やかに、熱い。

1465045467158.jpg

何かを言いかけ、去っていくデカリボン先輩。
イベント開始前だからこの辺りが忙しくなることは無いだろうと思いつつ、最初はさすがにここまで来るのはかなりドキドキした。
完全に裏だもの。

1465045502188.jpg


香織先輩より麗奈の方がいいって。
ソロは麗奈か吹くべきだって言ってやる!
本放送時、久美子が初めてわがままみたいに感情を爆発させたこの下りは本当に感動したっけ。
さすがにこの場所の撮影はすごい人だかりだったなあ。
階段上にも同じようなシートがあるのにねw
でも、ここは特別な場所。

客席とステージの写真は無人とは言え、上げるのは自粛。
アニメの光景がフィードバックしまくりで、めちゃくちゃ興奮した。
滝先生の場所に立ってみたりしてね。
しかし客席の写真を撮る人が沢山いるアニメのイベントなんてここ以外、まず無いだろうなw



イベント、超楽しかった。
時間的に宇治を回れるのはこの時だけだったので、見納めでしんみり歩いていたが、人気ゼロの所でOPの傘差して走る久美子ごっこやってしまった。
テンション上がっていたとは言え、何をしているのかw

「響け!ユーフォニアム2」
二期タイトルのフォントのこだわりがいいね。
キービジュアル、あすか先輩が想像以上に肝なんだな(原作未読)。
TV本放送ラストで意味ありげに登場した希美は、やっぱり退部しちゃった元1年と言う解釈でいいのかな。
キャストが東山さんと言うのが、個人的には偉く楽しみ。
そして!
北宇治高校(演奏の中の人たち)定演!
そこまで企画してくるとは。
コンクール曲もやってくれるのかな。
時を置かずしてまた宇治はさすがに無理だが、神奈川は行こうと思う。

北宇治カルテット、近くで見る制服姿、超眩しかった可愛かった。
初めて見たチューバくん、デカかった。
チューバくんへの告白コーナー、絵面は面白いんだけれど、実は何気に凄い可愛かったんだよなあ。
黒沢さんと豊田さんのはたまらなかった。
チューバくんと二人で抜け出そうとする黒沢さんも面白かった。
危ない匂いがw
客席アンケートのコーナーは、上げる手は左でしょ!と思ってしまったり。
しかし全国金賞まで行った猛者がいたとは。
ダメ金止まりだった自分からしたら、神々しいまでの存在だ。
アニサマMCリハ、このシリーズ(?)好き。
サドルで応援はハードル高過ぎw
黒沢さん「2016下半期はユーフォの年にしましょう!」
そんな粋なこと言ってくれる黒沢さんは二十歳にして、お酒の舌が肥えてきていると言う。
お酒の味の良し悪しを漏らしてしまう姿は、未来の久美子っぽいな。
そんなこんなで、イベントは面白くて可愛くて大満足だった。
来年も朝井さんが言っていたように、“今年も今年も!”でやろう!
posted by るい at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

響け!ユーフォニアム宇治舞台探訪その6

旅先なので順不動に気分で。
スマホだとサムネイルをタップしないと、ちゃんと画像が見えない模様。

1465012150528.jpg

デデデーン♪
デン・デン・デン……デー!

1465012172918.jpg

北宇治高校の外観と中身のモデル、莵道高校。
超・北宇治です。
今にも合奏の音が聴こえてきそう。

1465012188824.jpg

アニメには出てこなかったけれど、きっとここに麗奈のチャリが!

1465012511977.jpg

通学路。
まるで学校を中心に出来上がったかのような、変わった作りの住宅街だったな。

1465012633214.jpg


劇場版入場特典1年生ミニクリアファイルの、久美子たちが通学しているあの場所。
帰り道に偶然見つけたので、かなり嬉しかった。
posted by るい at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

響け!ユーフォニアム宇治舞台探訪その5

旅先なので順不動に気分で。
スマホだとサムネイルをタップしないと、ちゃんと画像が見えない模様。

1464989907279.jpg

JR宇治駅前。
ああ、何かもうこれだけで切ない。

1464989915842.jpg

葉月の決戦の日。
視聴者的には最初から負け戦と分かっちゃっているのがまた切ない……。
って言うか、これポストだったのか。
2001年からあるらしいが、昭和の人間にとっては新しいのか古いのか何だか分からなくなるなw

1464989944483.jpg

あがた通り。
お祭りの縁日で冷やしキュウリなるものがあることを、このアニメで知りましたよ。

1464989996990.jpg

麗奈と何を話したらいいか分からなくて、気まずい久美子。
今となっては初々しいな!

1464990003757.jpg


黄前さんらしい交差点。
本当はごく普通の景色なのに、頭にキャラが浮かんでは消え浮かんでは消えで、特別なものに思える不思議。
posted by るい at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

響け!ユーフォニアム宇治舞台探訪その4

旅先なので順不動に気分で。
スマホだとサムネイルをタップしないと、ちゃんと画像が見えない模様。

1464939959693.jpg

やっぱり抹茶ソフトにすれば良かった……のお店。
ここでちょっとしたお土産も買った。

1464939984087.jpg

どう見てもチョコレートな色合いの
ほうじ茶ソフト。
ほうじ茶好きなので凄く美味い。

1464941027951.jpg

高坂さん何かしたの⁉
宇治駅お洒落構内。
ツバメが巣を作っていて、フン注意の貼り紙があったけど、久美子とか喰らった経験ありそうでニヤニヤしてしまう。

1464941051672.jpg

ちょっと、久美子ってば!
夜ここのコンビニに入って、トビケラの凄まじさを知ったw

1464941060204.jpg


宇治市文化センターの交流ノート。
見事なみぞれちゃんがいました。
posted by るい at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

響け!ユーフォニアム宇治舞台探訪その3

旅先なので順不動に気分で。
スマホだとサムネイルをタップしないと、ちゃんと画像が見えない模様。

1464867899115.jpg

秀一の主食が売っているパン屋さん。
自分みたいな客、凄い増えたんだろうなあ。

1464867912594.jpg

売上急増したであろうフランクデニッシュ。
ほぼパイ生地なデニッシュなので、秀一みたいにスタイリッシュには決して食べられない。
現実は非情である。

1464868008513.jpg

昼間の大吉山入口。
勾配は緩やかだが中々の距離なので、交代とは言えユーフォを持って登るのは大変だ。

1464868044612.jpg

やっぱり久美子は性格悪い♥
久美子が座っている階段と麗奈が座った腰掛けまでは、思っていたよりだいぶ近かった。

1464868072158.jpg


昼間の展望台からの眺め。
“お仲間”に最も遭遇したのはこの登山だったw
posted by るい at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

響け!ユーフォニアム宇治舞台探訪その2

旅先なので順不動に気分で。
スマホだとサムネイルをタップしないと、ちゃんと画像が見えない模様。

1464859046307.jpg

トビケラいやぁ。
何か飛んでた虫がトビケラなのかな?

1464859076803.jpg

無料雨宿り用休憩所。
いいえ、ここは国の重要文化財です。

1464859149216.jpg

久美子たちが通学に使う電車。
10000系ってのと殆ど見分けが付かなかった。

1464859164448.jpg

お行儀悪い久美子可愛いよお行儀悪い久美子。

1464859173542.jpg


サファイアは押しボタンを押さずに葉月の背中を押すのであった。
posted by るい at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

響け!ユーフォニアム宇治舞台探訪その1

旅先なので順不動に気分で。
スマホだとサムネイルをタップしないと、ちゃんと画像が見えない模様。

1464841854726.jpg

何はなくとも久美子ベンチ。
平日午前中のせいか座りたい放題だった。

1464841899448.jpg

久美子ベンチ後ろから。
確かに見える風景がアニメとは少し違う。

1464841984403.jpg

梨子先輩と待ち合わせ。
後藤先輩野郎め!w

1464842004334.jpg

きらきら葉月ちゃん。
しかしここでチューバのような重たい楽器、ちょっと手を滑らしたらアウトだよなあ。

1464842018898.jpg


滝先生のこと馬鹿にしたら許さないから!
posted by るい at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

TVアニメだがしかしスペシャルイベント「オッティモフェスタ」に行ってきたんだぜ!

1464463031163.jpg


代官山は山野ホール。
アニメ「だがしかし」のイベント昼の部&夜の部(夜の部で某氏と合流)に行ってきた。
物販ではパンフとサヤ師のコーヒー牛乳キャンディを購入、念願の銀シールでボックスも交換した。
アニメイベントに対する自分のこだわりである生アフレコが無かったのはちょっと残念だったが、とても楽しかった。
各キャラに焦点を当てての名シーンランキング(昼の部は主にエロほたるさん、夜の部はヨウさんとサヤ師)、
だがしかしクイズ王決定戦(夜は司会が阿部敦さんから鈴木達央さんで変わっていた)、
利き駄菓子(昼の部は麩菓子で男性チームと女性チームに分かれて、夜の部はラムネでシカダ駄菓子店チームと喫茶エンドウチームに分かれて)、
最後にOPを歌っているMICHIさんとEDを歌っているあやちのライブ。

笑いっ放しであっと言う間の1時間半だった。
まあこのアニメらしいイベントだったと思う。
キャストのテンションとステージ上で駄菓子を自由に食べるノリを考えると、朗読はそぐわないところかもしれない。
昼の部のクイズコーナーなんて、キャストが好き勝手に駄菓子を漁り食べ始め、最早コーナーの体を為していなかったしw
因みに2億50点であやちが優勝。
賞品のコラボのベビースター3年分、さすがのあやちも一箱だけ貰って後は拒否していた。
これは結局帰りにファンに振る舞われる流れだったぽいが。
夜の部ではビールや酎ハイで乾杯までしていたw
しかし藤原啓治さんには笑った。
ひどかった、いい意味で。
このキャラはズルいだろうw
利き駄菓子での罰ゲームをやらされることになった時の反応がめちゃくちゃ可笑しかった。
昼と夜共にその罰ゲーム自体も凄い面白かった。
全てをかっさらっていっていたな。
昼の部であやちとぬーさんがやらされていた罰ゲーム、凄い良かった。
麩菓子を年下男子に見立てて、あやちとぬーさんが取り合っていた。
ぬーさん「今はあんなこと言っていても、すぐに肉の所に行ってしまうのよ!」
最高ですw

客層と言うものなのか、昼の部最後のライブパートで全然客席が立たなかったのには驚いた。
立ってペンライトを振りながら、ちょっと別な汗をかいてしまった。
夜の部はさすがに見かねたのか、鈴木達央さんが扇動してくれていたが。
カロリークイーンあやちの衣装はこれで見納めらしい。
鈴木さんに“デブ装備”と言われ、あやちも肯定していたがw(いいのか)
言っていることは分からなくはない。
だがそこがいい。
見納めと言うことでしっかり堪能してきたが、このあやちがもう見られないのは実に惜しい。
最後にあやちが女性の声援が新鮮に感じると言っていたが、その点では自分にとっても新鮮なイベントだったな。
posted by るい at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

「劇場版 響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜」大ヒット舞台挨拶(トランペット組上映前)に行ってきたんだぜ!

秀一と「上手くなりたい」を叫び終わった後、泣き崩れる久美子が本当に中の人が号泣しているようで何回、見ても心に突き刺さる……。
映画公開以来と言う訳でもないのだが、ちょいちょい円盤を見ていると演技がこんなに違っていたのかと感嘆することがある。
(久美子や麗奈の演技の差が目立つのもあってか)香織先輩とか余り差が無いように見えて、実は意外と台詞の温度が違うんだよなあ。
焦点が絞られている分か、劇場版はだいぶ熱くなっている。

1463888037468.jpg


休日勘違い本日夜勤からの強行軍で、トランペットチーム舞台挨拶、行ってきた。
オーディオコメンタリーでも思ったけれど、ドラマと役柄が本人にオーバーラップしてくるこの組み合わせはいいものだ。
そしてそんな香織先輩好き過ぎな山岡さん面白かったw
因みに山岡さん、黄色いリボン付けてきていて、デカリボン先輩仕様で好ましい。
いつ見てもマイペースな茅原さんは、コンクール演奏後に拍手したくなると言っていたが、激しく同意。
あと久美子と麗奈の距離の詰め方に感動したとも言っていた。
その辺の演技は安斉さんは黒沢さんと共に苦労して、出来上がりを見てなるほどこうなるのかと納得したとのこと。

リアルでトランペット演奏の話も出た。
TVシリーズの時、トランペットをやってみたいと言っていた茅原さん、ここで再び勧められる。
唇の厚さ(薄いか普通だと良い)的にもトランペット経験者の山岡さんから御墨付をもらうw
安斉さんは例のアプリの仕事で、トランペットを吹く麗奈の中の人に会って、ちょっと吹いてみないと言われて久し振りに吹いたそう。
だいぶ痛かったようだが、自分の記憶にもあるがやっぱり金管は毎日、吹いていないといけないんだな。
そのプロの人もそうならないように、毎日吹いていると言っていたとのこと。
安斉さんがアニメとは上手さが逆転しちゃうと言っていたが、三人がトランペットを吹く姿を是非見たいものだ。

一頻り話し終わったところで、いつものコーナー。
舞台挨拶なのにコーナー。
驚く茅原さんと山岡さんを前に、この時点で舞台挨拶24回目の安済さんがお題を発表する。
麗奈の「悔しくって死にそう」に因んで、各自「悔しくって死にそう」なエピソードを話して、その台詞を最後に叫ぶw
茅原さんは自分で作ったスペアリブが不味くて、安斉さんは一本しか持っていないスキニーデニムを転んで破いてしまい(一口しか飲んでいないスタバを守ろうとした結果)、悔しくって死にそう。

そして山岡さん(発言は一番最初だったが)。
夏紀先輩が凄い人気あるのに、優子は全然人気無くて悔しくって死にそう。
円盤も出揃って、劇場版の公開も終盤に差し掛かっている今、そんなこと無いだろうと思いつつ、笑った。
しかもTwitterでくそリボンとまで書かれたらしいw
何と言うことだ。
確かに夏紀先輩は容姿に声、性格男前で魅力的なキャラではあるが、本放送時は個人的には人気の出方が異常だと感じるくらいだったんだけどなあ。
〆の挨拶で山岡さんが「見方を変えれば〜」的な話をしていたが、見返すたびデカリボン先輩への印象は自然と逆転していくし、円盤も出揃った今では普通に愛されキャラの人気者な感じだし、嘆くことは無いのですよと言ってあげたいw
ここまでヘイトを集めたのは山岡さんの演技があってこそだし。
キャストがこう熱くなってくれるのは、ファンとしては単純に嬉しいものがある。

同じく〆の挨拶で安斉さんは、この映画の演奏シーンは楽器がある位置から実際に音が聴こえるようにこだわりを持って作られているし、演奏会を聴きにきているような感覚で見られる、と言うようなことを語っていた。
全くこれは劇場版の肝だと思う。
目の前で楽器が鳴っている感は本当に素晴らしいの一言に尽きる。
演奏シーンと言えば、麗奈ソロの場面の麗奈の背中からの滝先生と客席が入った構図が凄い好きだったりする。
滝先生までの距離や光と埃の加減が、とんでもない緊張感と全てが懸かった瞬間と言う感じがしてゾクゾクする。
そして二期。
もう音楽を録り始めているとのこと。
めちゃくちゃ楽しみだ。
しかしずっとワクワク感を味わっていたいのもまた本音。
posted by るい at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

香織の父です、サンフェス行ってきたんですけど、うちの娘よく撮れているでしょう?

「劇場版 響け!ユーフォニアム」において最も泣かされたこの人たちのフィルムが出たのが嬉しい。

1463841062079.jpg


サンフェスの香織先輩キタ――(゚∀゚)――!!
デカリボン先輩がめちゃくちゃ欲しがりそうだなw

音響調整したと言うチネチッタで見るつもりだったが、特典フィルム終了と知って急遽、亀有へ行き先変更。
こう言う融通を利かせられる時、都心まで1時間半くらいの南関東に住んでいることのありがたみを感じる。
前売り券を使おうとしたのも功を奏した。
大きな箱とは言え半日で無くなるとは、ノンキしてる場合じゃなかったな。

今日は何故だかやたら涙腺が弱かったw
久美子たちが放つ青春にモロにあてられたか。
香織先輩が部長に思いのたけを告げる時点で、もう目頭が……。
今回はホルンパートに良く意識が向いた。
「いっせーのーせっ!」とかやってサボっていたくせに、控え室で円陣組んでチューニングしたり、見せ場で意気揚々と吹いてみせたり。
くそう、格好いいじゃないか、ホルンめ。
何気に楽譜にデカデカと全国と書いているのもホルンだし。

お話しは総集編と言えど、TVシリーズの時にはさほど意識して考えなかったことに、興味がいくのが面白い。
コンクール演奏直前、ステージ上でポツリと本音を漏らすあすか先輩のシーン。
今まで彼女の方にばかり意識が向いていたが、久美子ここではっきりと「全国に行く」と言ってるんだよな。
しかもあのあすか先輩の前で、ごく自然に当たり前のようにと言うのが何気に熱い。

これで計6回、5か所で見てきた訳だが、今のところ亀有が好印象だな。
大した聴力は無いが音的にも、また混も具合や見やすさ的にも。
明日、トランペット組舞台挨拶を見に行く新宿ピカデリーは初見だが。
ともあれトランペット、コントラバス、クラリネットの音色はこの映画の三大聴きどころだと思う。
posted by るい at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

デスヨーヨー

俺ガイル続のTSUTAYA全巻購入特典のBOX、由比ヶ浜さんの破壊力がヤバい。
視界に入ると、ガチで目が離せなくなる可愛さ。
VITAのゲームもゲーマーズ店舗別特典のいろはすに心傾きかけた時もあったが、心情的なものも揺り動かされながら、やっぱり由比ヶ浜さん一択(ソフマップ)になるんだよなあ。

だがしかし 3 (BD初回限定版) [Blu-ray] -
だがしかし 3 (BD初回限定版) [Blu-ray] -

念願の銀のシール来た!
円盤、揃える以上、何はともあれBOXの銀だよなあ。
今月末のイベントで直接、引き換えられるのも有り難い(振り込みして用紙をコピーしてと、結構手間だし)。

5・6話収録の第3巻。
5話。
本放送では時期的に中々アウトだったビンラムネw
うんのよさ一桁なほたるさんも可愛いが、やはり5話はヨウさん回だと思う。
ユーチューバーヨウさん好き。
啓治さんの絶妙な下手くそさが面白過ぎる。
アップされた映像をサヤ師が見ているオチまで含めて好きだ。
6話。
ヨーグレットとお医者さんごっこ。
ニヤニヤしてしまう自分キモい。
だがしかし、これはしょうがない。
それにしてもココノツ、昔はあんなに純真だったのに、今やすっかりエロ青年w

特典映像。
罰ゲームじゃないですかー。
ラップはやめてあげて。
こう言うの割とよくあるけど、見ているこちらも辛いからw
今回は頑張っているあやちを愛でる回だったな。
それからきゃにめの1〜3巻連動特典。
ぬーさんと駄玩具で対決する、髪を切る前のあやち。
連動特典と言うには随分地味な企画だったが。
ぬーさんがスタッフに突っ込んでいたが、客が入っていれば盛り上がったろうなw
posted by るい at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

「三日月の舞」終了後に拍手したくなる衝動は何なのか

京アニから久美子のアクリルキーホルダーとクリエイターズメッセージブックが届いた。
久美子はん可愛えええ!
メッセージブック、愛が溢れまくりで幸福感がヤバい。
17Pと59Pが好き。
思わぬ所で80P上段で泣かされ、86P下段で笑った。

1463252610057.jpg


4週目入場特典を貰いがてら、期待のLIVEサウンド上映、見てきた。
荒ぶるティンパニとバスドラw
何はさておき、低音が凄まじかったな。
凄まじ過ぎて、後藤先輩の第一声も重厚感溢れるくらい。
更には音楽室での麗奈初登場シーンのゴゴゴ音が、ホラー映画のワンシーンみたいな迫力になっていたw
時折低音の音が割れ気味に聴こえたのが残念だったが、これは席がやや前方だったせいかな。
もっと後ろで見たら、また印象が変わりそう。

良かった点は、特にトランペットの音がより目の前で吹かれている生感があって、音にパワーが増したと言うか、それにより物語の説得力が増していたように感じた。
あとこれは単に音量の問題なのか、キャラの声がより際立って大きく聞こえてきて、声優の演技が深く味わえた。
ラストの「三日月の舞」は言わずもがな、苛烈なほどダイナミックに感じられてド迫力だった。
打楽器は荒ぶっていたけれどw

と、こうして書き出してはみたが……。
せっかくだから音に注意を向けようと思いつつも、結局トランペット組に泣かされるんだよなあ。

でもって。
「今年も!宇治でお祭りフェスティバル」当選キター!
&入金手続き完了。
アニサマ二日目も無事当選したし、今まで涙を飲んできたユーフォイベントの運が、ようやく上向いてきた気がする。
そして予てより目論んでいた宇治聖地巡礼旅行も手配してきた。
がっつり3泊4日。
ユーフォ効果と思うのはひいき目だが、京都周辺がだいぶ混み混みな中、JTBのおばちゃんが頑張って京都/奈良/奈良で取ってくれた。
(因みに手持ちの旅行券を使いたくて、初めてJTB通した)
超楽しみだぜい。
posted by るい at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
IT000200607300444cbb60f0c952.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。