2015年08月28日

「〜怪談朗読を肴に日本酒を舐める会〜 怪し会 八雲」(27日の回)に行ってきたんだぜ!【ネタバレありだよ】

1440682161372.jpg


一日二日チェックを怠っていたら、いつの間にか発売されていた今回の怪し会(恨み節)。
しかしこれを見ずして夏は終われない。
チケット当日精算だからキャンセルも出るだろうと賭けて、取り敢えず鹿骨へ。
何とか当日券で潜り込んで、素敵怖い時間を過ごすことができた。
最後方の隅っこの席と言うのは初めてだったが、オープニングが至近で聴こえてくる恐怖は中々のもの。
「祇園精舎の鐘の声……諸行無常の響きあり……」
琵琶の音と平家物語の冒頭部分が本堂内に響き渡り、2015年の怪し会がスタート。

今回は八回目に因んで、“八雲”と言うタイトル。
小泉八雲とのコラボで、あの「耳なし芳一」がフィーチャーされた内容だった。
前半は全6編、小泉八雲作の怪談に始まり、いつもの実話怪談、それと怪談と呼んでいいものかちょっと躊躇われる御巣鷹山の航空機事故にまつわる不思議な話など。
そんな色々なタイプの怪談の中で、耳、音、声と言う聴覚が共通のキーワードとして盛り込まれていた。
重い話の後に絶叫系のカラッとした怪談を持ってきたり、話の並べ方も上手くて良い構成だなと思った。
それでいてアパート一人暮らし狙い撃ちの怪談もちゃんと入れてくるしねw

今回の怖さレベルは7かな(超個人的10段階評価)。
中原麻衣さんがかなり出番多し&大事な役どころで、オタ的にも聞き堪えありでとても楽しめた。
圧倒的な声のパワーと言い、やっぱり上手い。
二度目のご出演にして既に聞き馴染んでいる感があるくらいこのイベントに溶け込んでいるし、もうレギュラーでいいと思います。

でもって前半ラスト、ズバリそのもの「耳なし芳一」。
ガチでやるのかと、これには感嘆した。
和尚役の茶風林さんの味わい深さ。
しつこく書いてきているが、茶風林さんは朗読に参加するべしなのですよ。
琵琶奏者の大峯香風さんと言う方が今回、参加していて冒頭の小泉八雲作の怪談からBGMや効果音を担当していて、雰囲気抜群だったのだが。
ここでの壇ノ浦の弾き語が、後ろだと演奏している姿が中々見えなくて録音を流しているのかと思ってしまうクオリティの高さ。
折込にこの方のチラシも入っていたが、琵琶一本で赤坂離宮本店でディナーショーみたいなイベントをするとか最早この人、現代の芳一なんじゃないでしょうか。

前半終了後は恒例のお清めの時間ことお楽しみタイム。
茶風林さんが怪し会のロゴを入れさせた明治座の酒のつまみ弁に、お酒は島根県松江の李白。
クセの無い、水のようにすーっと入っていく日本酒だった。
いつものように酒造さんにお邪魔した時のスライドショーが始まって、その中で国宝になった松江城の話題も。
そういえば昨年、遊びに行った時はまだ国宝じゃなかったんだよなあ。
本当、松江は良い所だった。怪し会じゃなくただの旅行でもまた行ってみたい。
来月の「IN松江2」も行きたかったが、とある舞台とブッキングしちゃっていて行けない……。

茶風林さんホストでスペシャルゲストとして伊藤美紀さんと木原浩勝先生が呼び込まれて、いつもなら色々とトークが楽しめるのだが、初日の今日は何やらバタバタしていてかなり時間が推している模様(そう言えば複数日開催になってから初日に行くのは初めてかも)。
バスの終電が無くなってしまうので、チケット半券でのプレゼント大会や告知や物販宣伝など慌ただしく進行していった。
木原浩勝先生「弁当早く食えw」
あと今日、小泉八雲のひ孫、小泉凡さんが見にいらしていたのだが、紹介されて立ち上がったのは目の前に座っていた人だった。
よく見るとチラシと同じ顔。
写真にちょっとだけ写り込んでいますw

ラストは茶風林さんと伊藤美紀さんと中原麻衣さんによる、いい話系怪談。
個人的にお話としては涙腺に来るものではなかったが、中原麻衣さんの泣きの演技でもらい泣きしそうになってしまった。
「それが声優!」に当てられている面も多分にあるけれど、それをさておいても声優凄いです。
話の締めで、中原麻衣さん演じる生まれる前に死んでしまった子供の霊が歌う唄が流れて、また新たな試みをしているなと思った。
今回、初めて怪し会をDVD化しようとしているそうなので、これは特典CDとして付けてくるつもりかw
怪談の内容にそぐわない汚れた感想を書いてしまったが、まさかまさかのDVD化はかなり楽しみなんだぜ。
通販などは無く、アニメイトで販売予定だそうです。

因みに木原浩勝先生曰く、毎年毎公演プロの音響を入れて怪し会を録音しようとしてきたが、練習やゲネは録れても本番ではちゃんと録音できた試しが無かったとのこと。
なので怪し会は音源と言うものが存在しないらしい。
どうしてなんでしょうねえ……。
お清めの場での何気に怖過ぎる爆弾発言だった。

1440691553862.jpg


怪し会の升をコレクションしている人ならば、きっと同じことを思っているはず。
どうして檜の升やめたし!
そこは変えちゃ駄目だと思うんですよ。


posted by るい at 08:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

ゆりえほいの薄い本はまだですか?

この忙しい最中、貴重な休日。
続ガイルのイベント夜の部に当選したテンションも手伝って、頑張って夏コミに行ってきた。
まあ11時過ぎの緩い時間帯からですが。

1439735078636.jpg

最大の目的は易々と達成。
今回はどちらと言うと企業ブース目当てだったのだが、「それが声優!」のグッズは良く見かけた。
グッズのセット2万とか何と言う強気な攻勢。

1439735086509.jpg

新刊セット。
ますみんから手渡しで購入♪
畑先生は最後尾のプラカード持って立っていた。そして写真を撮られまくっていたw

1439735091715.jpg


目当ての続ガイル関連が全滅していたので、寂しさのあまりこまちゃんを連れ帰ってきてしまった(これはコミケでなくとも買えるのだが)。
あとは東館フラフラ。
「がっこうぐらし!」の本をもう出しているサークルにびっくり。
posted by るい at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

続ガイル2巻

掃除・洗濯・買物して、1週間分のアニメを見てお酒を飲んで休みが終わる上半期決算の季節が始まった……。
そんな矢先、「それが声優!」のいちご回(ほっちゃん回)で元気を貰えた。
原作通りの進行とは言え、劇中歌を作ってくるとは!

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第2巻(初回限定版)(イベント優先販売抽選申込券封入) [Blu-ray] -
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第2巻(初回限定版)(イベント優先販売抽選申込券封入) [Blu-ray] -

外箱もデジパックも最強にかわ結衣、由比ヶ浜さん。
第2巻は2・3話収録。
幸せなひと時から哀しい顛末を迎え、そして初“いろはす〜”な巻ですな。
原作11巻を読み終えた今だと、二人を交互に見て幸せそうな笑顔の由比ヶ浜さんに思いの外、切なくなる……。
あと前にも書いたが、2話ラストの東山さんの演技は本当、心震えるものがある。

期限ぎりぎりだったが、10月のイベントも応募完了。
今回は当たるといいなあ。1期のは涙を飲んだし。
と言うか映像特典に1期のイベントダイジェスト、入れてくれないのか。
posted by るい at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

SHOW BY UNIT!!

それが声優! 第1巻(初回限定版) [Blu-ray] -
それが声優! 第1巻(初回限定版) [Blu-ray] -

光の先へ - イヤホンズ
光の先へ - イヤホンズ

タイトル未定 - Aice⁵
タイトル未定 - Aice⁵

「イヤホンズVSAice5」
三商品購入しないと応募出来ないとは、これは中々越後屋な感じですなw
「それが声優」は楽しんで見ているが、円盤を揃えようとまでは思っておらず。
邪道だが取り敢えず1巻だけ購入しよう。
たぶん全当になるだろうし、悪い出費ではないはず。
しかし対バンと聞くと「SHOW BY ROCK!!」を思い出すなあ。
新人対ベテランと言う分かり易い構図。
ライブの構成が楽しみ。

そして会報到着。
「黒ネコ集会Vol.15」
“ Songの章”と“Gameの章”の二回回し。
日程的には対バン同様、問題無いが、どちらも当選したい行きたい。
しかも舞浜アンフィシアターとか、とても良いハコだし。
落選したらクリスマスを乗り越えられないw
posted by るい at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

「椎名へきるマンスリーアコースティックライブ 〜毎月へきってやっちゃうぞ〜」(第1回目・夜公演)に行ってきたんだぜ!

1438423234900.jpg


へきるマンスリーライブ一発目、行ってきた。
代官山は「晴れたら空に豆まいて」。
まあたぶんオサレな店名なのだろう……代官山だしw
私的なイベントも出来るキャパ200ほどの小さなライブハウス。
壁回りにもぐるりと席が設けられていて、後方には何とお座敷も(割と早くから埋まっていた)。

整理番号20番後半で、3列目をキープ出来た。
ドリンク代600円(ワンコインじゃないので注意)で、ジョッキで生が飲めるのが嬉しい。
ステージ上には大楽氏がいて、ちょっとした案内役をやっていた。
スタッフやドリンクバーのおねえさんたちに若干無視されていたw
ケン坊、JAKE(作務衣姿)と順に呼び込まれ、最後にへきるんるん。
ハイビスカスの絵があしらわれた、夏らしい白いドレス姿でとても綺麗だった。

銘打ってのライブとしては初アコースティック。
ヤバい、これはかなり楽しい。
今回は1st〜4thアルバム限定の選曲。
昔ならではの良質メロディが、ギターとピアノがかき鳴らされる中、へきるさんの歌声でぐんぐん来るのは大変気持ちいい。
喉も含めて調子が悪そうなのが、少し心配ではあったが……。
以下セトリ。

1.空想メトロ
2.ラッキーDAY
3.ねえ
4.やさしいひとになりましょう
5.すごく楽しい空になるのに
6.2センチのせつなさ
7.泣いちゃいなよ、いま
8.花火
9.今すぐギュッと
10.色褪せない瞬間
11.攻撃は最大の防御
12.愛のてんこ盛り
13.Kissが足りない
14.T.R.Y.!!
15.私の未来

普通のライブが22、3曲だから中々のボリューム。
大楽氏はトーク&ライブと茶化していたが、ちゃんとアコースティックライブしていて(少なくとも夜は)、コーラス入れたり振りもやったり大満足。
個人的には6〜8、11〜12が熱かった。

MCは古い選曲だけあって、現在では中々出来ないであろう昔の楽曲の作り方について語られていて、非常に面白かった。
ケン坊が「花火」のエンディングに対して感嘆していて、実演してみせる下りもあったりして、普段のライブよりも濃い語り口できていた。
ハコの小ささが為せる業か。
へきるさんもより素っぽい雰囲気で、曲の出だしとかで遊んでいて、いたずらな笑顔が凄い可愛かった。

しかしそんな素敵トークも最後で台無しに。
かのブルーノートでライブが出来たらと言う話から、お酒を飲みながらライブと言う流れになり、ここでJAKEがお酒の失敗談を。
とある三次会で泥酔し、女性の胸を揉みまくってしまったが、加害者も被害者もその記憶が全く無いと言う。
そして最後の曲「私の未来」へ。
大楽氏「俺が思い描いていたアコースティックライブと違う……」
反省会が始まったw

次は5th〜8thが来るんだろうか?
来月も楽しみだ。
無事当選しますように。
posted by るい at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | へきへき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
IT000200607300444cbb60f0c952.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。