2015年06月29日

続ガイル第1巻

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第1巻(初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説・サントラCD同梱) [Blu-ray] -
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 第1巻(初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説・サントラCD同梱) [Blu-ray] -

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11 (ガガガ文庫) -
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11 (ガガガ文庫) -

アニメ最終回を見ているところへ、円盤1巻到着。
ガハマさん大好きな自分は今回、迷わずTSUTAYAで全巻予約。
理由はお察し下さいw
特典のゆきのんのブックカバーも想像以上に可愛い。
早速、俺ガイル原作用に使っている。

更に原作最新刊も特典欲しさにゲマズで購入。
取り急ぎパラパラとめくって台詞だけ追ってみたのだが、12・13話の二話かけてこの最新刊までアニメ化してしまったのか。
言葉にするのは難しいが、ゆきのんの問題が露わになっていく、真の意味での青春ラブコメへと至っていく、非常に大事な部分を先に見てしまったようでちょっと複雑な気分。
二期はずっと原作既読状態でアニメを追っていたので。
まあその辺はこれからじっくり味わうか。
三分の一ほど読んだけれど、奉仕部最初の依頼を思い出す、懐かしむ下りが端折られているのはきついと思った。
アニメラストのガハマさんの「これから」と言う言葉が、凄まじく切なくなる……。

アニメとしては分割2クールみたいな、続きがかなり気になる引きで終わった訳だが。
内容的には完結編と言うかクライマックスの部分をどうするんだろうか。
原作完結次第、かの“俺妹”みたいな形で公開するんじゃないかと期待している。
これで一切合切、何も無かったら信者でも擁護できないw
個人的には原作9巻をやった後はどこで切っても中途半端になるから、以降はアニオリでも何でもやってお茶を濁しておしまいで良かったんだがなあ。

あるいは円盤特典の書き下ろし小説の内容を持ってくるとか。
本編とは違う進み方するみたいだからダメか。
“それあるー!”の折本さんとだいぶ絡んじゃっているしね。
こちらの特典小説は読み終わったのだが、ぬる〜いニヤニヤ話でほっこりした。
ヒッキー呼びするゆきのんが超可愛い。
そんな中「知らないことが増えてしまうのが嫌だ」と言うモノローグは、ニヤニヤするより分かり過ぎて抉られた……。
因みにわたりんのアニメ各話解説は、この特典小説のなかがきでやっていく模様。
それはそうと今季、大好きなアニメ「響け!ユーフォニアム」のタイトルを汚さないで下さいw

円盤1巻は1話のみ。
1話、平和だなあw
ガハマさんの百面相が東山さんの演技と相俟って、可愛愉しい。
やっぱり修学旅行、もっと尺取って欲しかったと思いつつ(尺の問題については特典小説のなかがきでも触れられているが……)。
本放送のテンションから離れ、こうしてまたゆっくり見返していると、当時の三人の関係性や内面を推し測ることが出来て面白い。
あとアンソロジーコミックのせいで、あーしさんが可愛くてしょうがないw

特典映像は未完成OPが入っているのが個人的にポイント高い。
この作りも結構好きだったりする。
目玉は「Anime Japan 2015」のダイジェスト映像。
チャドさんにビビっているあやねるw
アフレコに長時間かけたと言うことや、キャストの気合が入った話を聞いていると、アニメを全話見終わった今、それは凄く納得がいく。
声優の演技は心底、凄いと思ったもの。


posted by るい at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

遊々団★ヴェール 第1回公演『まつりだョ!全員集合 〜あなたにご縁がありますように〜』(土曜夜)に行ってきたよ!【ネタバレありだよ!】

8時……まつりだョ!全員集合をリピーターしてきた。
父一人、娘四人に息子一人が住まう、みどりが丘町にある日比野神社。
集客次第で今年が最後になってしまうお祭りを盛り上げようと、青年団と団結するのだが……。
色々あってハッピーエンドと言うお芝居。
いやそんなに色々は無いか。

今回はお話や展開よりキャラを楽しむお芝居のように思う。
観るのが二度目の今日は完全にキャラに愛着が湧いた状態なので、見ていてニヤニヤが止まらない。
次女の二菜なんて、初見の登場シーンは何ていけ好かない女だと言う印象だったのに、今日などは生温かい目で見守っていたですよ。
二度三度と見れば見るほどキャラが好きになっていくんじゃないかと思う。

それにしてもひどいオチだったw
兄妹が5人揃って昔を懐かしむ下りは凄くいいシーンだったし、自分から進んで何かをやり始めた四葉を見届けて姿を消すお母さん→これでもう四葉はお母さんの姿が見えなくなるんだろうな……と思っていたら、実は能力暴走を押さえるために修行に行ってましたとか、何だその設定。
正に涙を返せ状態。
お母さん「四葉ちゃん、ぴーんち!」
こ、こいつ……w

娘たちに秘密にするにも他にやり方があるだろうと突っ込み所はあるけれど、でもまあ全部、愛すべきキャラたちのお蔭で許せてしまう感じ。
もう三平がいい奴でいい奴で。
そう言えばプロレスの下りは初日よりもだいぶ遊びを入れてきていたな。

最近のヴェールは「家族がテーマ」「ちょいファンタジー入り」が鉄板だけど、「オタ寄り」と言うのも特色な気がする。
特定の役者さんに拘っていない自分が喜んで観に行っているくらいだから、客層も案外オタが多いのかなと考えてみたり。
“よんみこ”→エロゲーのタイトルみたいなんて、ギャグとして通じる層が狭過ぎるのではないでしょうかw
しかし巫女ゆかりん、実に可愛かった。
四葉いい子可愛いよ四葉。
必要が無くなっても尚、ひたむきに見守り様を彫り続ける姿でラストを締めたのも良かった。

そんなこんなでイベントラッシュも一先ず終了。
下手すると「怪し会」まで何も無いくらい?
しばらくインドアに生きます。
posted by るい at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

遊々団★ヴェール 第1回公演『まつりだョ!全員集合 〜あなたにご縁がありますように〜』(初日)に行ってきたよ!【ネタバレ無しだよ!】

1435139009509.jpg


下落合はTACCS1179。
SPACE107を後にし、団体名も変えて新たにスタート、記念すべき第1回公演の初日に行ってきた。
しかし記念すべきと言っても、そこはヴェールですよ。
普通にヴェールだった(最大級の褒め言葉)。
半分とまではいかないが、初見の役者さんが多めだったので、個人的にはちょっと新鮮な面白さと後味。
とても楽しい時間を過ごせました。

公演時間は1時間55分。
自由席は前2列。
チケットに番号が書いてあるけれど、それは関係無くて18:00の受付開始から配られる整理券の番号順に入場となるので注意。
物販はTシャツ(色の種類いっぱい)と公演DVD、前回の「HOME RUN HOME」と前々回の「みどり荘が各3000円で販売中。
終演後、○○○○と記念撮影できるお楽しみタイムがあります。
小銭を用意しておこうw

これはチラシに写真が載っているからネタバレにはならないと思うが、巫女さんがヤバかった。
本来、自分は巫女と言う記号には全然興味が無いんだけれど……。

ゆかりん巫女萌え〜。

ゆかりんって言ってしまったw
posted by るい at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

「KING SUPER LIVE 2015」(二日目)に行ってきたんだぜ!

1434892302184.jpg


人生二度目のたまアリ。
今日はキンスパ最終日に行ってきた。
今月、遊んでばかりだなw
アリーナC3。
実は「20年後のやっぱり〜」公演中に引き換えたのだが、ペンネーム“麗歌ありな”にあやかれました。

正味約5時間?
めちゃくちゃ疲れた……。
が、それ以上に夢のように楽しい時間だった。
頭真っ白の夢うつつ状態。
知らない曲が片手とちょっとで数えるくらいだったってのが大きいな。
昭和生まれの人間に優しいライブだw

みんな大好きほっちゃんの出番は二番手。
「ヒカリ」
「Stay With Me」
「スクランブル」
フルじゃなかったのが残念ではあるが。
完全にトロッコガールです。
ありがとうございました。
って言うか二度も近くに来てくれて、本当にありがとうございました。
ほっちゃんに会えるの黒ネコ集会以来だから、そんなにスパンは無いはずなのだが異様に興奮してしまって、ヒカリの舞とか全然グダグダでしたw

前半はかなでももこさんのヴヴヴ、エブリイングのレーカン、上坂すみれさんのむろみさんが特に楽しかった。
地味に懐かしいむろみさんのアニメ、面白かったよなあ。
そして何と言っても松澤由美さんのナデシコが熱かった。
リアルタイムで見ていた世代だから感動もひとしお。
でもって林原めぐみさんですよ。
こんなん泣くわ……。
こみ上げてくるものが多過ぎる。
ほっちゃんと同等以上に、このライブに参加した甲斐があったひと時でした。
3曲と言わず、まだまだ聴いていたかった。

後半はまた畳み掛けが凄かった。
奥井雅美さんのウテナ好き過ぎる!
宮野真守さん、一つも曲を知らなかったが、魅せられたと言うか何故だかとても楽しめた。
武道館ライブを成し遂げた声優と言うのも納得。
ゆかりんからのアンジェラの流れ、めちゃくちゃ楽しかった。
ゆかりんが言う通り王国民、思ったより普通でしたw
森口博子さんのZとF91も楽しみにしていたところで、実に良かった。
大トリは水樹奈々さん。
飛んだ! って言うか1曲まるまる飛んでるし!
しかし扱いが違うと言うか、もう照明(と言うレベルじゃない?)からして気合の入れ方が半端無くて凄かったな。

コラボも豪華だった。
TWO-MIXとは熱い!
しかしやはりハイライトはフルーツバスケットと言わざるを得ない。
本当びっくりした。この選曲は反則だ。
ほっちゃんの歌い方が透っぽい感じがして、凄い良かったなあ。
ラスト全員で歌ったスレイヤーズもそうだが、ほっちゃんとゆかりんがハモっている時にカメラで抜くのがニクい。
そりゃテンション上がりますよう。
そして曲の最後、光の下、ほっちゃんたちが流れ続けるコーラスに身を委ねているのがまた……。
これを構成した人たちの愛を感じます。

最後の全員の挨拶は面白かったり、じーんと来たりで盛り上がったが、いかんせん22組(総勢30人くらいかな)はさすがに長かったなw
ほっちゃんは安定の「堀江由衣17歳です」を何の衒いも無く言いつつ。
感謝の気持ちを精一杯表現しようと、マイク無し「ありがとうございました!」の生声をたまアリに響かせるほっちゃん。
頑張るほっちゃんにうるうる来る。素晴らしかったです。
あとほっちゃんは他の方が喋っている時はうんうん頷きながら聞いてるが(可愛い)宮野真守さんのポップアップで高く飛び過ぎたエピソードで一際、大きかったような。
ほっちゃんも武道館で……w

物販ではパンフとペンライトとほっちゃんブロマイドを購入。
沢山のチラシの中に“復活”の二文字が大きく書かれた謎のチラシが。
これって……「Aice5」?
そうとしか思えないけれど、ガチで?
posted by るい at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ほっちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

竹達彩奈バースデーイベント「Ayachi Birthday 2015 あやテレ」に行ってきたんだぜ!

1434808111200.jpg


代々木は山野ホール。
あやちファンの先輩(いつもの某氏)と一緒に、あやち26歳のお誕生日をお祝いしてきました。
楽しかった〜。
あやちの笑顔と太ももと泣き顔を思う存分、堪能してきましたw
物販はまさかのTシャツ全滅。
なのでタオルと、毎度どのイベント・ライブでも買わずにはいられないペンライトを購入。

例によって吉田尚記さん(ニッポン放送アナウンサー)を司会に、 タイトルが「あやテレ」ってことで、有名テレビ番組をパロってコーナーが進められた。
昼の部とは内容が全然、違った模様。

最初は「筋肉番付AYASUKE」。
握力12キロのあやちの運動能力を測って、26歳女性の平均値をクリア出来なければ、痛恥ずかしい萌え台詞を言わされてしまうと言う、羞恥プレイであやちをお祝いするコーナー。
一応、クリアできたらチョコレート貰える。
反復横跳び、洗濯したタオルの柔軟剤の匂いを嗅ぎ分ける(運動関係無いw)、ソフトボール投げの3つのお題をそれぞれウサ耳、犬耳、猫耳付けて挑戦し、結果全敗するあやち。
ケモナーもあやちファンも大歓喜w

吉田アナが音響監督さながら注文を出しつつ、各獣耳に合わせ、語尾がぴょん・わん・にゃんと言う、こちらが恥ずかしくなるくらいのニヤニヤ台詞。
余りの恥ずかしいさにあやち、ステージ袖に逃げ出す。
しかしあやちの声質は本当、あざとい台詞が余りにも似合い過ぎる。

続いては「あやちのできるかな?」。
これはネタが古過ぎるのではないでしょうかw
あやちにお題を出して図画工作してもらい、ファンが挙手して作ったものを当てられたら、あやち賞品ゲットと言うコーナー。
図画工作はクレヨン画と粘土。

それぞれ坂本龍馬(当てた人凄い)、牛(黒のクレヨンでぶちを描こうとしていたので、分かりやすい? あやちのネタ的にも)をファンに当ててもらい、焼き肉券とハーゲンダッツの券、それに前のコーナーで貰えなかったチョコレートをゲット。
にわかにあやちのお誕生日らしくなってまいりましたw
終演後、ロビーに飾られていたが、撮影禁止だった。
美術品と言う扱い?w

その後はライブパートの準備の繋ぎとして「あやテレ発」。
あやちがTwitterで呟いた「蛇口」についての話や、あやちの昨日の夕食のメニューなどニッチなニュースがお届けされた。
あやちの夕飯、醤油ワンタン……ジャンクだ。
勿論、提供ポニキャなのでライブBlu-ray&DVDの宣伝も。
何故か蛇口やBlu-rayについてのWiki的な講釈が台本に書かれていて、戸惑う吉野アナw

後半は「MUSIC STATION」風イントロが流れてからの、ライブパート。
衣装チェンジしたあやち、太ももあらわでエロ可愛かった。
今回ギターとして参加した「カラスは真っ白」のしみたんが大人気な感じに。
あやち嫉妬w
沖井さん、あやちが水飲む→美味しい?のタイミングを合わさせ、水飲むコーナーを確立させる。
更にあやちのためなら何でもする発言により、バンドのメンバー、獣耳付けて1曲演奏するw

そんなこんなで以下セトリ。

1.永遠にキミのことを愛したいと言わせて
2.Sinfonia!Sinfonia!!!
3.Yes-No
4.HIKARI
5.ゆずれない願い
(神のみキャラクターカバーアルバムより、「魔法騎士レイアース」OP)
6.わんだふるワールド
7.CANDY LOVE
8.ライスとぅミートゅー

やっぱりあやちの曲は楽しいなあ。
3〜5は生で聴いたことが無かったので嬉しかった。
レイアース熱い!
HIKARIを泣かずに歌い切ったあやちに拍手。
でもまあ最後、花束を貰ってからの挨拶は泣きっ放しでしたが。
「泣かないようにしていたのに」的なことを繰り返すあやち萌えw

終演後、席を離れた瞬間、どこからともなくバースデーソングが始まり大合唱に。
三本締めはともかく、そうだよなあ、歌わなきゃだよなあと、しみじみ納得。
粋なあやちファンだね。
そんな一幕の後、何とあやちがもう一度ステージに登場してご挨拶。
あったかい、とてもいいイベントだった。
あの後あやちは思う存分、から揚げや肉巻きおにぎり食べられたかな。
posted by るい at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

「のんのんびより りぴーと −みんなに会いにきたのん−」に行ってきたんだぜ!

京アニから「響け!ユーフォニアム」のBlu-rayが届いたー!
代引きにしていたのだが、財布に全然お金が無かった。
こうちゃん? こうちゃんなの!?
結局クレカ払いにしたが、MOHHchの舞台ですっかり発売日のことを忘れてました。

1434264056388.jpg


渋谷とごっちゃになりそうだけど、日比谷公会堂。
MOHHchの千秋楽前、アニメ「のんのんびより」二期の先攻上映イベントに行ってきた。
「のんのんびより」の紙袋、サンモールスタジオに持ち込んでごめんなさいw
てっきり新宿御苑の駅にコインロッカーがあるものとばかり。
因みに物販はにゃんぱすうちわとタペストリーと座布団、こまちゃんのつままれキーホルダーを購入。
開演前は長蛇の列だったので終演後に。

イベントはれんちょんの開演前アナウンス(恐らく生)の数分後、イベント開始。
最初に「のんのんびより りぴーと」の1話が上映。
OPとEDはおあずけのバージョン。
やっぱりいいなあ〜、のんのん。
と言うのが率直な感想。
内容には触れないけれど、二期は時系列としては、一期の話数の間に入る話としてやっていくらしい。
二期1話→一期1話→二期2話と言う感じ。

後半はかずねえ役の名塚佳織さんを司会に迎えてのトークパート。
小岩井さん、りえしょん、あやねる、阿澄さんの順にグッズの甚平を着て登場。
全員、各々の言い方の“にゃんぱす”でご挨拶w
久し振りのアフレコのことや、今まで収録した話数で印象に残っていることなど。
阿澄さん曰く、二期の小毬はわーわーすることが多いらしい。
擬音のような悲鳴を収録するのに、この音に近付けて下さいとスタッフのこだわりが見えたとのこと。
1話ではほたるんの出番がちょびっとだけなのだが、あやねるがぼそっと呟いた「ギャラ発生」を切っ掛けに、りえしょんとあやねるがたびたび可愛い喧嘩をしていた。
りえしょんは相変わらず賑やか(オブラートに包んだ表現)でしたw

トークだけで終わるかと思っていた今回のイベントだけど、何と朗読(生アフレコ)までやってくれた!
「にゃんぱす祭り」の時にやった、円盤1巻の特典描き下ろしカラー漫画、なっつんの生徒会長ネタのリバイバルに加え、円盤4巻のれんちょんの英単語ネタの2本立て。
これは本当に期待の範疇を遥かに超えていて、凄く嬉しかった。
生アフレコほど、アニメのイベントで楽しいことは無いのん!
ほたるんの第一声で、客席がややざわめいていたw
やっぱり、りえしょんとほたるんはイコールで繋がらないよね。

最後はキャスト順に色々告知して挨拶。
懸命に腕を振りながら、アニメ二期について力説するりえしょん。
それを横で真似している小岩井さん「私は大人しいので、りえしょんは師匠です」
「やめなよ」
あやねるの鋭いツッコミw
そんなあやねるは、のんのんびよりのスタッフがこだわりを持って作っていることや、キャラたちをとても愛していると言うことを語っていました。
放送開始が待ち遠しいのんなー。

1434262222873.jpg


ロビーに飾られていたパネル。
相変わらずこまちゃん、持ち運びしやすそう。

1434262236609.jpg


こまぐるみー!
これから夏にかけて色々、こまぐるみ系が発売されますね。
posted by るい at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

由比ヶ浜さん、お誕生日おめでとう!

由比ヶ浜結衣と言う女の子は俺の嫁史にあずにゃん以来、名を刻んだそのキャラクターであり、以後、他の誰も現れていません。
と格好良く言ってみるw



「アニまるっ!」で、ガハマさんbirthday記念商品が公開されている!
取り敢えずミラーボード以外、速攻で予約してきた。
ガハマさんのお誕生日絵、これはもう余りにも、余りにも“素敵な女の子”可愛い。“素敵な女の子”可愛過ぎる。
そうか……。
好きなアニメのキャラのお誕生日をお祝いする行為の神髄とはこう言うこと(お金を使う→お誕生日プレゼントを贈るに等しい)か。
posted by るい at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

MOHHch act.3『20年後のやっぱりあなたが一番いいわ』(土曜夜&千秋楽)に行ってきたよ!

二日いっぺんにまとまっているのは土曜の夜、久美さんファンと三人で遅くまで飲んだ後、カプセルホテルに泊まったから。
カプセルホテルって予約なんか無くても、いつでもどこでも空いているもんだと思っていたが、新宿はそうでもないらしい。
何だかんだで深夜の新宿の街を結構、歩いたw

1434280701586.jpg


ロビーのホワイトボードがいつの間にか賑やかに。
久美さんの自画像、久々に見たなあ。欲しい!

続やっぱりあなたが一番いいわ、まあ観ていないところでも色々あったようですが、取り敢えず無事に終了ってことでお疲れ様でした。
難易度マックスの会話劇と言う感じでしたしね。
面白かったなあ。
働く女性と夫婦のあり方(?)なども問題提起として埋め込まれていたり、起こった出来事もエグいかったりするのだけれども、そこは内田春菊さんらしいコメディとキャラ作りでくるまれていて、楽しいお芝居に仕上がっていた。
まあ、独り者には関係無いテーマだからこそ単純に楽しめただけかもしれないが。

以下、20年後のありなたち。

ありな⇒
変わらず少女漫画家。変わらずピンハ。琴吉をデキ婚に嵌めるが、夫はなかなか帰ってこないセックスレス、高校生の息子こうたは半引きこもりのDVで、ありなはお金を取られたり暴力を振るわれたり。

ある日、琴吉やこうたそっくりの青年をレストランで偶然、発見したありなは例によって一目惚れし、ストーカーになる。その彼こうきちが染奴と琴吉の子であった事実が引き金となり、我慢の限界に達したありなは息子を毒殺し、こうきちと暮らそうと染奴の家に押し掛ける。妙な霊に取り憑かれ豹変していくありなだったが、駆け付けた琴吉の平手打ちによって我を取り戻す。夫婦仲を取り戻し、こうたも事無きを得た上、何故か良い子になる。

染奴⇒
フルデジに移行。しかし仕事量は昔より少ない。役者と結婚して子供ももうけるが、離婚して今は母子家庭。高校生の息子こうきちは超絶いい子に育つ。別れたと夫との子供とずっと思っていたが、異様に琴吉そっくりで……?

今回は完全に騒動に巻き込まれた形の被害者。こうきちが琴吉との子供であることが発覚しても、自分をしっかり持っている彼女なので特に変わることも無く。琴吉と再会したことで、疎遠になっていたはなぶさ社との関係が復活する。

みみ⇒
プロデビューは果たせたものの結婚後、夫や夫の家族に縛られているうちに仕事量は減少。中3と小6の二児の母。セックスレスに悩む。

吉川さんの口車に乗せられ、“人妻.net”に所属して主婦売春に走るが、たぶん染奴に怒られて足を洗う?

吉川さん⇒
東大との子供は中絶。OLの売春クラブみたいなところで働き出すが、そこに東が客として訪れる。愛人だからと料金は払われず、好き放題される。子宮頸がんわ患い亡くなってしまう。東に怨みを持ったまま死んで幽霊になり、染奴の前に姿を現すが……?

あちこちに姿を現して引っ掻き回していたが、みみの身体を借りて一応は東に謝ってもらったことで、気が済んだらしく成仏。

東大⇒
偉そうな肩書を持つに至るが、あと3年で定年。奥さんとは円満な生活を続けながら、キャバクラ通いをしたり女性に貢ぎまくる日々を送る。

たぶん反省していないw

琴吉⇒
結構、部署移動があるものの、「っしゃー!」「どっはー!」」と毎日楽しそう。

夫婦仲を取り戻し、やっぱり「っしゃー!」「どっはー!」」と毎日楽しそう。

今回はいきなり20年後に飛んだ訳だけれど、もっと間のストーリーを見てみたいと思わせる、本当に生き生きとした登場人物たちだった。
一人、死んでいるが。
いや幽霊として生きているから、生きているのかw
愛里さんの、幽霊と言う情念だけの存在ゆえか、情緒不安定な演技は見応えがあったな。
あれこそ「幽霊っぽい」感じがした。

ありなはもう久美さんのものだと思うくらい、久美さんはありなだったな。
久美さんが放つ陽気さと奔放さはめちゃくちゃ魅力的でした。
初日、ありなの初登場シーンは笑ってしまった。
正に“まるで成長していない”状態w
そんな彼女が自分の息子の話題になった途端、表情に陰りが出るところはさすがの巧さだった。
今回のありなは陰と陽があると言うか、その忙しい切り替わりも見事に演じていたと思う。
ありながこうきちに一目惚れしちゃうシーンが大好きだった。
久美さんのラブラブ光線、最強過ぎる。
あとまさか「それな」と言う言葉を久美さんの口から聞く日が来るとは。
長生き(ファンとして)はするもんだw

染奴は一生懸命、子供を育て上げた感があると言うか余裕があると言うか、前回より丸くなっている雰囲気があって、変わらないありなと対照的で面白いなと思った。
染奴もまた麻子さんのもの。
余りにはまっているからそう感じるのか、凄い自然体な演技だった。
女性陣の中では比較的順風な現状の染奴は今回、騒動に巻き込まれっ放しで終始、息を切らして疲れている感じだけど。
人の悩みや家族の問題を本気で怒ったり心配して、テンパっちゃう人柄が素敵。

そして今回のMVP。
たあこさんのみみ。
役作りは色々な方向性があるでしょうが、大谷育江さんのみみのイメージをかなり継承していると言うか、これぞあのみみの20年後と言う感じが個人的にツボだった。
そこにたあこさん風味が加わってて、素晴らしく面白かった。
染奴の家でクッションと格闘したり悶えるシーン全般、凄く好き。
あと何度、観ても「富江なの!?」で笑ってしまうw

そして今回の最優秀新人賞w
五十嵐こときっちゃん。
戸部さん始め黄金聖闘士たちに囲まれて三役とか。
それに演技だって分かっていても、久美さんにあんな風に迫られたら正気を保てないですよ。
……。
つまり五十嵐さんはロリコンじゃないと言うことか。
posted by るい at 06:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 久美さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

MOHHch act.3『20年後のやっぱりあなたが一番いいわ』(二日目)に行ってきたよ!【ネタバレ無しだよ】

明日から昼夜二回公演なので、麻子さんにお菓子買っていった。
今夜も楽しかった。
もう役者さんの一挙手一投足からして面白いのがずるい。
そして久美さんは舞台の上でも舞台の下でも先生だったw

ネタバレにはまだ早いので昔話など。
以下、14年前の公演関係のもの。
さすがにアルバムの台紙は劣化しているが、中身は綺麗なんだぜ。

1434037887392.jpg

チラシ。
久美さんと麻子さんをモデルに内田春菊さんが描き下ろしたイラストです。
演出は肝付兼太さんで、内田春菊さんのこの作品に対して、あて書きと間違われちゃうくらいキャストがはまっていると評していました。

1434037901698.jpg

チラ裏。
会場は今回の劇場からも割と近いシアターモリエール。
全席自由、チケットに記載された整理番号順の入場で、最前列は毎公演ほぼほぼ同じ久美さんファンの面子が埋め尽くしていましたw

1434037909242.jpg

パンフレット。
14年前は劇団21世紀FOXの番外公演で、久美さんプロデュースと銘打たれていました。
「芝居がしたい」「もっと喋りたい」「もっと舞台にいたい」
と言う欲望を持っていた演劇大好き少女の久美さんが、肝付兼太さんにメールでお伺いを立てたのがこの企画の始まりでした。

1434037916974.jpg

声優グランプリのレポート。
大谷育江さんも出演していたので、声グラにも記事が載ったりした時代。
因みに今回、大谷育江さんがやっていた役をたあこさんがやっている訳ですが、前作を観ている人はかなり感嘆するんではないかと思います。

1434037926646.jpg


物販で予約販売されたマグカップ(現物は後日宅配便で到着)。
因みに生写真セットも販売されたいたけれど、そちらは怒られるかもしれないのでアップは自粛w
マグカップの片方は東日本大震災で割れてしまった。
でも久美さんたちへの愛は割れていないのさ!
posted by るい at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 百々麻子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

MOHHch act.3『20年後のやっぱりあなたが一番いいわ』(初日)に行ってきたよ!【ネタバレ無しだよ】

1433955005844.jpg


懐かしのシアターサンモールのお隣、サンモールスタジオにて。
ちょうど「へろQ」さんの公演もそのシアターサンモールで行われている為、目の前で少なくとも二組のお客さんが間違っていた。
御苑の駅から歩いて手前にある方がサンモールスタジオ、その奥に見える大きな方がシアターサンモールです。
ややこしい。

公演時間は1時間50分。
客席は狭いので、預かってくれるとは言え手荷物は少な目が吉。
また結構、涼しいので人によっては半袖では少し寒く感じるかも。
複数回、行く人はチケットは受付開始時に全て受け取れます。
物販は終演後。
MOHHchのTシャツが黒・カーキ色・ピンクの三種類にサイズはM・L・XLで各2000円。
因みにXLは170p70sで、とてもゆったりw

公演情報はこんなものかな。
開場前に某氏と一緒に久美さんに贈るお花を見繕ったが、ちょっと奮発してみたら思いの外ゴージャスになった。
しかしそれに相応しいと言うかそれ以上にゴージャスな久美さん分を補給できたな。
1時間50分なんてあっと言う間の、面白いお芝居だった。
ガチで相当緊張していたらしいですが。
観る方はそれもまた初日の楽しみだったり。

あと内田春菊さんが観にいらしていて、カーテンコールで紹介があった。
正直、本の内容とご本人の雰囲気がイコールで結び付かないw
posted by るい at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 久美さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

2015年6月10日(水)の初日までこの宣伝記事がトップに表示されます

伝説の西原久美子プロデュース公演から14年の時を経て……
ありなと染奴のバトル(?)が再び幕を開ける!

MOHHch act.3
『20年後のやっぱりあなたが一番いいわ』
作:内田春菊/演出:EMI

★CAST
西原久美子=麗歌ありな
百々麻子=頬緒染奴
松本貴子=大倉みみ
戸部公爾=東大
竹田愛里=吉川朗子
五十嵐勇紀=井上琴吉

★日程
2015年6月10日(水)〜14日(日)
10日(水)19:00開演
11日(木)19:00開演
12日(金)14:00開演・19:00開演
13日(土)14:00開演・19:00開演
14日(日)12:00開演・17:00開演
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前

★劇場
サンモールスタジオ

★チケット
前売:3500円
当日:4000円
2015年4月20日(月)より前売開始

他、詳細はMOHHchのブログ「Girl's Party」で。
posted by るい at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 久美さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

気恥ずかしくなるくらいストレートないい曲

エブリデイワールド TVアニメ(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続)エンディングテーマ - 雪ノ下雪乃(CV.早見沙織)& 由比ヶ浜結衣(CV.東山奈央)
エブリデイワールド TVアニメ(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続)エンディングテーマ - 雪ノ下雪乃(CV.早見沙織)& 由比ヶ浜結衣(CV.東山奈央)

発売3日後にアニメイトに行ったら、もう特典無くなっていた……。
OPも品切れしているし……。
ファンとして人気なのは嬉しいけどね。

9・10話のニヤニヤ回視聴。
アニメ二期に於いて楽しみにしていたシーンがどれも破壊力が高過ぎて、前半より気になっていた駆け足感が気にならなくなってきた。
ただ最後の会議前の八幡たちの会話は、カットしない方が八幡とゆきのんの発言のシーンが活きていたと思う。
あとガハマさんがミトンで“がぶっ”するシーンを流してしまったのも。
あれ、割と気にしているかw

でも小町の罵倒にウケるゆきのんとか、デスティニーランドでのガハマさんとの約束のシーンの見せ方+ゆきのんのプレゼント買いに行く相談するガハマさん+メガネ掛けてドヤ顔のガハマさん、それにルミルミを手伝う八幡の場面とか、しっかりやってくれたので総合的には満足。
ガハマさんの作画が東山さんの声と芝居と相俟って、可愛さ余って可愛さ百倍。

それから合同イベント直前、いろはすが光の中に進んでいく演出は凄く好き。
いろはすは本当、佐倉さんで大当たりだったと思う。
失恋後のモノレール内のシーンはついつい繰り返してしまったw
今季のアニメであやねる株はストップ高ですよ。
posted by るい at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

つたえたぁい♪ つたえたぁぁい♪ つたえたぁぁい♪ つたえたぁぁぁーい♪(最高です)

竹達彩奈 Live Tour 2014
竹達彩奈 Live Tour 2014"Colore Serenata" [Blu-ray] -

お蔭様でバースデーイベント夜の部、無事に当選!
FCが惨憺たる有様だったようでビビっていたが、やっぱりFC枠自体が小さいのか。
昨年末、初参加したあやちライブのBlu-ray。
特典のポスターに惹かれて、珍しくゲマズで購入してみたり。
フォトブックレットとは言え、潔いほどにあやちの写真だけで埋め尽くされていて幸せ仕様。

先ずは本編。
その気は無かったのに1曲目の途中で、あやちブレード引っ張り出して電池を入れるw
あやちの笑顔といちいち可愛い動きに当てられてしまいましたよ。
ライブ当日は興奮の中にあったが、こうして落ち着いて映像演出もじっくり見つついると、声優ならではのライブと言うことがしみじみ伝わってくる良い出来だなあと思う。
ライブで好きになった「プリンセスの脱走計画」、アップで見るとよく分かる歌い方と振りの絶妙なマッチとか目線の動きとか、歌の中でお芝居しているあやちが凄くいい。

あやちのライブは、格好いいおっさんたちのバンドの中で歌う絵面がイカすよなあ。
あと直ぐ胸がいっぱいになるあやちの歌が好きw
個人的には曲がもろ好みなので本当、贅沢なライブに感じる。
もう一つのお楽しみ、映像特典の方はまた後日ー。
ライブの形式は独自路線を行ってほしいが、ライブの円盤はほっちゃんに倣ってオーディオコメンタリーを入れるのもありだと思うんだぜ。
勿論ゆる〜いやつをw
posted by るい at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
IT000200607300444cbb60f0c952.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。